Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0 体験版感想・レビュー

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0
すとろべり~光 RPG 100円(税抜) CV:山田じぇみ子 ※ショートレビューです
【基本情報】♀主人公 ウディタ製 エロ重視 難易度:普通
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム9 没入感8 エロス8)

過去作のイメージを払拭し良作の予感漂う本編の前日譚(失礼

本作の発売と同時に発売予告された「Asmodeus Delta ~パンツを求めて~」の
エピソードゼロ、前日譚となる作品である。100円の有料作品ではあるが、体験版で
最後マルっと遊べてしまうという太っ腹。

ちなみに製品版との違いは、エッチシーン+3種、宝箱の数増量・限定アイテム、
サウンドギャラリー。体験版でも結構エロはあるぞ~。

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0 01

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0 02

むかーし昔の戦争で魔に属する身でありながら、若い人間の女の子達が命を散らして
ゆくことに耐えかねた魔神アスモデウスは、特殊なパンツを作り女の子達に与えた。
アスモデウスが作り出したパンツを穿いて様々な特殊能力を得た女の子達により
戦況は一変、アスモデウスは人間達に封印されてしまいましたとさ、おしまい。

長きに渡る封印で少しずつ力を蓄えたアスモデウスは、なんとか現世に(右手だけ)
顕現できるようになり、コッペリアと呼ばれる使役人形・ネモフィラを作りだす。

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0 03
戦闘はCTB 攻撃や被ダメ時にアニメする ちなみ敵はレアエネミー

本作はネモフィラが目覚めるところから始まり、アスモデウスと共にかつて彼が
作り出したパンツを集める旅に出る。アスモデウスは魔神とはいえ右腕だけ故に
鈍足パワータイプ、ネモフィラは穿くパンツの種類で能力タイプが変化する。
ジョブチェンジみたいなものだ。

どのパンツも能力補正はトータルで60%、攻撃力・防御力・魔力・魔法防御・敏捷など
どの能力値に補正がかかるかでタイプが変わると共に、基本スキルはそのままで
他スキルが変化する。

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0

通常の経験値(LVUP用)とは別に♀敵を倒すと得られる乙女エナジーを、それぞれの
パンツに振り分ける(=ネモフィラにエロ)ことでパンツもレベルアップ。
それぞれのパンツに複数のエロコマンドが用意されており、エロシーンはこれが
全てなんだが、要所でアニメ(通常時立ち絵も一部アニメ)したり、ネモフィラはフルCV
だったりとエロスは上々だ。おっぱいブルンを強調するような一瞬のアニメの
インパクトは大きくいいものだ!エロする程淫乱度も上昇、リアクションも変化。

特に山田じぇみ子嬢とネモフィラというキャラクターの親和性が驚くほど高く、
キャスティングがハマり度は150%。ネモフィラめっちゃカワエェ。

Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0
右手アスモデウスによるエロ 右手であんなことやこんなことを

また、本作はウディタ製だが、UI、マップ画面、操作性、SE(エウシュリーっぽい)
など、ダテに延期を繰り返してない(注・褒めてます)、素晴らしく手の込んだ
クオリティとなっている。勿論ゲーム性やバランスもしっかり練られており、
一度倒した敵シンボルは視認範囲に入っても襲ってこないなど、ならば最初は全部
倒していこう→丁度レベリング塩梅。

正直前作まで感じていた「よく考えられているけどどこか垢抜けない」感はどこへ。
寄り道すればキラキラ採取ポイントが見つかるし、ダンジョンギミックあり、
便利機能も一通り揃っている。
ゲーム性もビジュアルも「あせろら」さんクオリティをを彷彿とさせる
ウディタマスターサークルさんへと変貌している。(ウディタ臭皆無)

重箱の隅をつつく様な話だが気になった点としては二つ。一つ、パンツ含む装備・
スキル設定はメニューの「能力」から行うが、スキル設定は結構頻繁に行う為、
2アクション必要な現状よりメニューに組み込んでほしいかなぁと。
もう一つは、装備での能力値の上昇はわかりやすいものの減少は背景色と重なり
わかり辛い。ということ位しか不満点はなかった。

いやー、こりゃ本編も期待大だなぁ。BGMなんも聞いたことないものばかりで
オリジナルじゃないか?

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
本番ナシ? ソフトエッチ クンニ 使役人形 パンティ

夢子「お取扱いサイト様です」

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *