7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~ 体験版感想・レビュー

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スタジオドビー RPG 1,800円(予価)(税抜) ※2016年内発売予定
【基本情報】♂主人公 ツクールVXAce製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8 システム8 没入感9 エロス9)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント(背後から一撃で倒せる) ターン制コマンドバトル
複数vs複数 逃走コマンドなし タルやタンスアイテムあり Shiftダッシュ
メッセスキップあり セーブはいつでも
UIオリジナリティ:普通 バトルオリジナリティ:普通

ワークス体制ならではの大作王道RPG 徐々に高まるwktk感

2014年から数人、ひょっとすれば数十人体制で制作されているであろう大作RPG。
予期せぬトラブルにより一度は頓挫しかけた作品が、やっと陽の目を見ることに
なりそうだ。ということで遅ればせながら体験版をプレイ。
体験版だけでも2時間程度はプレイ可能で、エロシーンも9と多い。
7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~017GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~027GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~037GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~04

序盤から拡がる世界の存亡を賭けた大風呂敷なシナリオは、徐々に明かされる過去の
回想イベントにより少しずつパズルピースが埋まる感覚、しかし最初に仲間になる
ヒロインである女神・サラやその後仲間になるヒロイン達と主人公・ローラン(♂)
の掛け合いにはクスリとさせられ、時に淫靡でエロスな関係となる。
特にたっぷりと「間」が取られた自動イベントと「!」や「…」といった吹き出しの
数々はキャラクターの胸中の本音を想像させ、劇団のステージを見ている様だった。
システム面では「SAA」によるアクション性を取り入れた戦闘駆け引きや、記憶力を
意識させる宝箱回収要素など、「上手くやれば少し楽に進められる」というバランスが
良く練られている。うーむ、熟成されたクオリティであるなぁ。

とまぁ、そんな一通りのわかり辛い建前を紹介したうえでもちっと具体的に。
本作はワールドマップ上で7つの街から行き先を選択し、街を探索することで
街付近のダンジョンが出現、ダンジョン奥深くには開きかけた「世界の扉」があり、
扉を閉じていくことで世界の滅亡を防ぐ、というストーリーだ。
扉を閉じるには扉に応じた「イリス石」が必要で、それは各街でなにかしら問題を
抱えている各ヒロイン達が所持しており、ローランとサラは彼女達と関わり、
仲間としながら扉を閉じていく。7つの扉に7人のヒロイン、というワケだ。

7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~057GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~06
▲ローランの住む光の国「ノースランド」 ここから全てが始まる

正直序盤の展開、ローランとサラのやりとりには「んー、煮え切らない主人公に
悲劇のヒロイン演じる女神様?」という感想で、丁寧に「間」がとられた
自動イベントも「なげーな」という。あまり興が乗らなかった。
しかし各街のヒロインとの出会いやヒロイン関連のイベントを進めるにつれ
ヒロインの背景が深く掘り下げられていき、時折挟まれるサラの過去イベントも
没頭感が高めていくのだ。各ヒロインも魅力的であるし、女神であるサラが何故
人間と肩を並べ戦うのか、サラが禁忌を犯し愛し、神々の怒りを買った男との過去が
徐々に紐解かれる展開は先に先にと進めたくなる。

ちょっと残念というか、まぁ仕方ない仕様だとは思うんだが、各街のヒロインは
その街やダンジョンでのイベントでは大活躍するものの、仲間になった後、
他ヒロインのイベントではほぼ絡んでこない。あくまでその街のヒロインがフォーカス
されるのだ。まぁローランの故郷ではエロシーン絡みということで各ヒロイン共に
(主にエロに)活躍するんだが。
そうそう、ちなみにローランは戦闘には参加しない。ただの宝石商だから、らしい(笑
戦闘はヒロイン達にまかせっきりだがPTのリーダーみたいな。キレモノ的なポジション。

どの町から攻略していくかはある程度自由で、体験版では水の都と見捨てられた街の
どちらからでも攻略可能。製品版ではもっと自由度が拡がる?んだろうか。
た・た・し。効率を考えるのであれば、ある程度攻略順は決まってくるだろう。

7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~077GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~08

SAAと戦闘 SAAはアクション性が強い

そうならざるを得ないのは前述の「SAA」システムに起因する。これは敵シンボルの
背後から接触すると「一撃で倒し味方PTの被害ゼロ」というもので、勿論経験値や
お金もゲットできる。ボスや催眠敵、格上の敵はSAA不可、どの敵シンボルを倒しても
経験値とお金固定などの制約はあるものの、飛躍的にレベリングが楽になる故、
積極的に狙っていきたい。が、ある程度近くに行くと敵が「!」状態になり背後を
とるのは非常に困難。背後をとろうとして通常戦闘になってしまうのが殆どだ。

そこで役に立つのが各ヒロインがもつ「SAAスキル」。最初に仲間になるサラは
「SAAが成功するとLv×20のHP回復」というSAAスキルをもっており、PT先頭に
しておくとソレを発揮。回復したい時に便利なスキル…だが、そもそもSAAが
難しいワケだ。見捨てられた街のヒロイン・ライラが持つ「敵シンボルの移動速度半減」
があると一気にSAA成功率はあがる、故にまずは見捨てられた街から攻略すると楽だ。
水の都で仲間になるナディアは敵シンボルを催眠敵かどうかを判別するSAAスキルで、
序盤ではあまり役に立たんな。催眠敵おらんし。そもそも催眠敵って…

7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~097GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~10
▲戦闘中はキャラ立ち絵が微アニメーションする

でだ、肝心の通常戦闘なんだが、サラ一人の状態だと被ダメがデカすぎて3Tもつか
どうかのかなりリスキーな戦闘。サラ自身は殴る、ホーリーの火力とヒールでの回復で
バランスはいいんだが、とにかく被ダメがデカく、序盤のダンジョンは苦戦必須。
SAAはほぼ無理であるし。だが個人的はこのバランスがツボ!敗北してもダンジョン
入り口に戻されるだけだ。仲間ヒロインが増えると被ダメが散り、ナディアとライラで
3人PTになると安定感が高くなり、スキルを使い分ける通常戦闘も面白く。
また装備品による被ダメ減は微々たるものだが、通せんぼや強制イベントでとれなかった
宝箱を覚えておくと、近い未来にゲット可能なチャンスがあり、ゲットすれば吉。

キーボードではQ・Wキーで先頭キャラを入れ替え可能で、SAAスキルの使い分けと
背後をとるアクション性、通常戦闘での被ダメがデカい緊張感と、ダンジョンでの
戦闘は多段構えで面白い。

7GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~117GirlsWar ~高貴だったあの娘を落として堕とすRPG~12

エロは過去回想陵辱とハーレム

どのヒロインもなんだかんだでローランにホの字(死語)で、ローランの故郷である
「光の国」でラブイチャイベントが進む様だ。それとは別に各ヒロイン過去回想
イベントで陵辱されるシーンなども。ラブイチャエロにしてもまずはおねーさんからの
手コキやフェラからという段階的エロ、基本80枚以上のシーン!選択肢次第で悪堕ちや
寝取られあり!まぁこれはサラだろうなぁ。メインヒロインであるし。
なんといってもCGレベルが高く、簡易アニメもあってオカズとして
美味い!エロシーンではCVも大活躍でグッジョブ!7人各ヒロインにCV付けるとか、
個人サークルさんではなかなかできんよなぁ。

体験版総合的に

クオリティ高し。ただし、「間」重視した自動イベント含め、じっくりと世界観に
没頭したい紳士向けであり、オラァ!エロイベント発掘ガンガンいこうぜ!な紳士には
向かない、まずシナリオありきで楽しみたいじっくり大作RPG。
隠しボスとかヒロイン攻略後の特殊シナリオなんかもあり!体験版にはなかったが、
カジノや闘技場、トレードやコスプレ、合成まである本格RPGだ。
遊び尽くすなら相当なプレイ時間が必要だろう。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?:
ラブイチャ 男性受け 陵辱 寝取られ 背徳

夢子「お取扱いサイト様です」
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *