魔剣士リシェルと淫神の監獄 体験版感想

魔剣士リシェルと淫神の監獄
CIRCLE STREAK  RPG  1,200円(税抜)
魔剣士リシェルと淫神の監獄-impression

■魔剣士リシェルが淫神の中の世界を駆け抜ける!独創性溢れるRPG

人気作「NAKED ORDER」を制作したサークルさんのオリジナリティ溢れるRPGである。制作ツールはウディタであるが、プレイしてみるとデフォルトのそれとは比べものにならない程。マップチップにしろ、バトルシステムにしろ、BGMにいたるまで。ウディタ臭を感じさせないクオリティだ。

ただ、馴れない内はごちゃごちゃっとしている印象。装備の仕様は特殊であるし、バトルシステムも独特であるし、独特なミニゲームがたくさんあるし。本作独自のルールとして覚えることが多く、敷居は高いと言わざるを得ない。一応チュートリアルはあるものの、早足気味な説明で半分理解できるかどうか。結局プレイしながら少しずつ把握していくしかない。

ただ理解が深まると共に徐々に面白くなってくる。シナリオもゲーム開始当初はポカーン(°Д° だが、ゲームを進めていくと断片的に情報や過去回想シーンを見ることができ、こちらも徐々に把握していける。面白いRPGとして様々な要素が詰め込まれているが、それぞれの要素の説明がわかりにくい上に、且つ把握できないまま次々に新しい要素が出てくる。

ハナから酷評してしまっているが、詰め込まれている要素は確実に面白く、ただそれぞれを把握するのに時間がかかるだけである。この時点で好みは分かれるであろうし、把握できたらできたで気になる点もある。それでも我輩的には面白かったし、独自性は評価されて然りな作品では。

■導入ストーリーや世界観など

この辺はぶっちゃけ作品紹介でもう少し詳細を紹介してほしかった。DLサイトの紹介を見るとなんかこじんまりとした世界観のRPGっぽいが、実際は結構風呂敷が拡がる。また、「短編RPG」で「手軽にプレイできる」と紹介されているが、それはいかがなものか(笑 前述の通りまず覚えねばならんルールがあるうえに、ミニゲームなどのやり込み要素を考慮すれば10時間以上はかかりそうだ。更に周回プレイも。我輩は体験版時点で2時間超え。まぁ我輩の攻略がトロかっただけかもしれんがorz

リシェルは「魔剣」をいつでも呼び出し使うことができるマナの扱いに長けた魔剣士。世界に邪悪をもたらす淫神・アルナヴィルの復活を企む邪教徒集団に単身潜伏し、淫神復活を阻止するのが目的だった。この為に仲間達と作戦を練り、万全を期して臨んだのだが、邪教徒に正体を見破られてしまう。魔剣を手に戦おうとするが、人ならざる集団にのみこまれ、淫神への生贄として捧げられる。

気付けば魔物と精霊ばかりが行きかう見知らぬ場所。聞けばここは淫神・アルナヴィルの「中」だという。生贄に捧げられたリシェルは淫神の中の世界に取り込まれてしまったのだ。ここから脱出しなければ…こうしてリシェルはこの世界から脱出すべく探索を開始する。 現実世界では仲間達がリシェルを助けるために奔走しており、近衛騎士団とかいろいろな人物が関わってくる。

ただ、潜伏にあたり強力なビキニアーマーを装備していたはずだが、「下」だけない!
魔剣士リシェルと淫神の監獄-impression
↑万全な状態でもコレ(笑

この格好については行く先々で出会う精霊達からもそれはもうたっくさんイジられる(笑 やれ変態だの、やれ痴女だの。ネタだ。こんな感じでコメディ要素も高く、SDキャラCG描写も結構ある。こういうのはサークルさんの自己満足になりがちだが、割と面白かった。シリアスなシナリオ展開の中で一服の清涼剤的な要素だな。リシェルの当初の目的は「下」を隠すことなのだが、なかなかうまくいかず結局体験版ではこのまま。

 ■「魔剣士リシェルと淫神の監獄」体験版では

とりあえず「下」と安全に休める拠点の確保を目的に動く。マップをいくつか踏破し、「キキーモラの集落」で拠点を確保。いよいよこの世界からの脱出を目指し、水の精霊「ルサルカ」に会うために神殿に潜入、ボスのリビングデッドを倒すところまで遊べる。いろいろ道草してプレイ時間は2時間強。キキーモラの集落にあるパズル塔は難しくて5Fまでしかいけなかったorz 体験版のみでもまだ遊ぶ余地はある。エロは結構たくさん。

 ■まずは独特なバトルと敵シンボルになれるべし ある程度のACT性も

本作のバトルはシンボルエンカウント。敵シンボルは2種おり、シンボルに「T」が付いているシンボルはトラップシンボルだ。これに接触するとバトルにはならんか、ダメや快楽ダメを受けたりとデメリットばかり故、できるだけ避けたい。最序盤はそれほどでもないが、すこし進むと素早い敵シンボルが増え、マップオブジェクトの制限もあって避けていくだけでもなかなか難しい。また特定のオブジェクトの前を通るとマップスタート地点に戻されてしまったりといったギミックも。ドクロの目が向いている方向を確認すべし。

Tのついてないシンボルは雑魚敵。接触するとバトルになる。バトルはターン制だが、「BP」という値が重要。リシェルのターンは必ず先手となり、BP値の許す限り行動が可能。攻撃はBP3消費、必殺はBP5消費、アイテムはBP1消費など。行動終了で敵のターン。これで1ターン終了だ。ターン終了時BPが3回復する。BPの回復値や初期値はリシェルの状態で変化するようだ。

必殺は通常攻撃よりコスパがイイ故、積極的に狙っていきたい。敵のHPを見極め、BPと相談しつつ攻撃と必殺を使い分ける。また「待機切替」も有効に使いたい。行動終了時、防御、退魔防御の状態になるのだ。多少のBPは消費するが、被ダメを少なくしたい時は有効。ちなみに「逃げる」にはBP10必要。これがゲームテンポを悪くしている。BP10貯めるには行動せずに3ターン程耐えねばならんし。敵シンボルの追跡機能も高めであるし。もう少し簡単に逃げることができてもいいのでは。

また、本作ではレベルアップの恩恵が攻撃と防御+1と低い。ボスなど敵が強いと感じたら、レベリングよりも回復アイテムを揃えたり、装備強化した方が早い。その為にはお金はとても大事。お金は敵は落とさず、マップ上に堕ちているのを拾っていく。緑ジェムは1、青ジェムは50など。積極的に回収しよう。

■わかりにくい「サポート効果」

↑のバトル画面をよくよく見てほしい。BP値の下に「サポート効果 行動終了時にBP+2」と表示されている。本作では、行動終了時、またはそのターン中、サポート効果に表示されている効果をうけることができる。サポート効果は毎ターンランダムで替わり、「行動終了時にHP20回復」「行動終了時に快楽を10減少」「ターン中必殺威力上昇」「ターン中防御無視攻撃」「ターン中拘束無効」など。

効果内容はランダムで任意で選ぶことはできないが、コマンド選択で「サポート」を選択するとそのターンのサポート効果を変更できる。ただこれもランダムで、BPを1消費する。困った時の運だのみっぽいが、使ってみると結構アリだ。

例えば快楽値が低い状態でサポート効果が「行動終了時に快楽を10減少」はあまりメリットがない。BPに多少余裕があるなら「サポート」を使ってみる価値はある。必殺を使おうと思っていて「ターン中必殺威力上昇」がくれば大当たりだ。そうでなくてもHP回復や防御無視も有用だろう。

魔剣士リシェルと淫神の監獄

■バトル中もエロエロ 敵に拘束されるとエロフラグ

敵は攻撃の他「拘束攻撃」を使う。拘束されると拘束専用コマンドしか選べなくなり、敵はエロ攻撃をしてくる。エロ攻撃を受け続けると快楽値がどんどん上昇し、快楽値100でゲームオーバーだ。故にHPに気を配りつつ快楽値も気にする必要がある。拘束から抜け出すには「振りほどく(BP6消費)」を選ぶしかないが、BPが少ない場合は「抵抗する(BP2消費」で敵のエロ攻撃フィニッシュをある程度先送りできる。それでも3T程で抜け出せないと連続快楽攻撃→フィニッシュされ快楽値が結構上がってしまうのだ。

この拘束→エロ攻撃の流れは勿論立ち絵でのエロとなる。ただ攻略的にはさっさと抜け出すの吉だが、BPを常に多めに保持していないと抜け出すのは難しい。

■LvUPまでの経験値は100固定 LvUPと共に同じ敵から選られる経験値は減る

本作での次のレベルアップまでの経験値は常に100固定。ただ、強くなると得られる経験値は減る。またリシェルのHPと快楽値も100固定。レベルアップでは攻撃と防御+1。

HPがゼロ、もしくは快楽値が100になると敗北。散々犯された事後の汎用CGが表示され、直前に接触した女神像に戻る仕様。HPは全快。故にデメリットは少ないが、ステータスの「淫乱度」は確実にあがり、犯された回数などのレコート類もあがる。詳しくはわからんが、淫乱度が上がりすぎるとアカンEDのフラグになりそうだ。

■シンボルブレイクをうまく活用しよう 効率よくレベリング

本作には「シンボルブレイク」というシステムがある。敵シンボルは漏れなく赤や青、紫などの色の輪郭に覆われており、それぞれ弱点属性を示している。

魔剣士リシェルと淫神の監獄01

↑の炎の魔法陣みたいなオブジェクトに触れると、左上の剣アイコンが火属性の剣に変化する。この状態で赤シンボルの敵に接触すると、バトルにならずに一撃で倒すことができる。これが「シンボルブレイク」システムだ。↑の敵シンボルは赤故、火属性をとってそのまま接触すれば一撃で葬れる。ダメも受けないし、経験値もゲットできる。

マップには火、氷、雷などいくつかの魔法陣が散在している故、これを上手くゲットして同色の敵シンボルを倒していけばノーダメで進める。まぁ実際には敵シンボルが早く、なかなか難しいが。

■めっさ種類があるミニゲームの数々 アイテムやお金をゲットしよう

先にも少し触れたが、本作には様々なミニゲームがある。ダンジョンに潜ってできるだけジェムをゲットし、敵シンボルに触れたら即終了(終了時エロアニメあり)の「ジェムハント」、魔剣とビキニアーマを強化する為の鉱石をやその他アイテムを掘れる「採掘」、お金やアイテムをゲットでき本編とは異なるバトルシステムの「双六」、カジノっぽい要素である「ビッグカード」。詳しくはサークルさんのブログ記事を参照。

CIRCLE STREAKさんのブログ

この他にも、シンボルブレイクのシステムを利用したパズル塔などもある。それぞれのミニゲーム共に結構作りこまれていて、遊び出すと本編を忘れてハマルレベルだ。

■体験版総合的に

短編でサクッといいつつ、その実「かなり濃い」RPGだ。本編のシナリオ、ゲーム性も高いし、オマケであるミニゲームでさえ作りこまれていて、おもちゃ箱の様なRPGだな。エロもバトルに上手く取り込まれており、且つイベントエロも多そうだ。

反面覚えることが多く、サクッと遊ぶつもりでいると面食らうだろう。また、エロ絵の好みも分かれそうである。遊んでいるとしっくりくるとは思う。なんにせよ、我輩に4000文字超のテキストを書かせる魅力はある一品だ。絵の好き嫌いやとっつきにくさを超えて遊んでもらいたいが、テンポの悪さと敷居が高いのが勿体ない。

<販売サイト>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *