閃光の騎士 ~カリスティアナイト~ 体験版感想

閃光の騎士 ~カリスティアナイト~
玉藻スタジオ  ADV+ACTRPG  1,900円(税抜) CV:犬飼あお 森野めぐむ 大山チロル 沢野ぽぷら
紅月ことね 柊真冬 伊東もえ 誠樹ふぁん 藍沢夏癒 カンザキカナリ 彩瀬ゆり
【基本情報】♂・♀主人公 その他製 バランス型 難易度:易しい
【ゲーム情報】デフォHP89 MP8(Lv1)
ACT性ある横スク探索マップ シンボルエンカウントACTバトル 複数VS複数 デフォルトダッシュ
画面端方向キー押しっぱで逃走100% メッセスキップあり セーブはいつでも
Z…ジャンプ X…攻撃(連打で4連撃) C…スキル使用(C+方向キーの組み合わせで5個スキルセット可)
V…ガード マウス右クリック…バトルメニューを開く

魅力的なヒロイン多数! シナリオ牽引型のADV+ACTRPG!

商業ゲーライクなADVシーンと横スク探索マップ&ACTバトルが交互に展開するADV+ACTRPG作品。我輩的にはACT性のある横スク探索マップとテイルズ風ACTバトルに注目。非常に丁寧な作り込みが光るRPG部分は抜かりなく面白く、シナリオも壮大、豪華声優陣演じる女性キャラ達の掛け合いの魅力に萌え!期待通りの大作。作品イメージとしてはスターオーシャン2とテイルズオブ~のミックス、か?

「閃光の騎士 ~カリスティアナイト~」体験版では

オープニング込みの第1話~第3話のADV部分まで遊べる。結構なボリュームで、しっかり遊んで2時間位。ACTバトル部分は4人PTになってからが真骨頂なのだろうが、体験版では3人PTまで。それでも充分面白かった。エロは2シーン+お風呂シーンとか。

主人公はシェラルドとアイカのW主人公 むしろアイカが主人公?

玉藻スタジオさんといえば「冒険者の町を作ろう!」「ダンジョンブレイカー2」など、やはり魅力的な女性キャラクターがたくさん登場し、且つゲームとしての完成度の高い作品が多い。本作もその系統だが少し異なるのが「主人公」の概念。↑の作品では好青年が主人公でプレイヤーは彼に感情移入、本作でも好青年主人公・シェラルドが登場するが、メインヒロインのアイカにも感情移入するのだよなぁ。

senkou02
宇宙船内でのクルトンとの会話 アイカは知能判定Eらしい(笑

ゲームは「閃光石鉱脈のある星」を探すアイカが宇宙船内でぼやくシーンから始まり、「閃光石革命」以前に地球を移民船で旅立った人類の子孫「ロストエミグラント」が繁栄する星を発見。アイカはある理由からその星に降り立つ。

自分が星の外から来た異星人であること、それに付随する情報は一切口外しないルールで物語が進んでいく。アイカの右手には宇宙船の人工知能でよきアドバイザーの「クルトン」が装着されているが、それも「ただのブレスレット」で通す。彼らからすればオーバーテクノロジーの産物。

シェラルドとは程なくして出会い、共通の目的である「閃光の騎士」となる為一緒にカリスティア騎士学校に入学、以降彼と行動を共にする。学校での日々を過ごしていく内、アイカは次第に仲間に、シェラルドに「隠し事」をしていることへの罪悪感を覚える様に。

つまりアイカとプレイヤーだけが「ことの全貌」を知っている。何も知らない他の閃光騎士候補生達との絆が強くなるに連れ、アイカが罪悪感を覚えることに「共感」できる。アイカはドジ属性故、会話の端々でボロが出て慌ててごまかす様をプレイヤーは生暖かく見守る(笑 そういう意味でアイカが主人公であるとも言え、PTで♂一点のシェラルドにもやっぱり感情移入したくなる。彼を取り巻くストーリーでもあるしなぁ。ゲーム部分ばかり注目していたが、2人の主人公が紡ぐストーリー展開も本作のウリの様だ。

自由行動画面でできること クエスト受注までの流れ

自由行動できる様になるまでのADVシーンは長い。早くACTバトルを試したい!という我輩の様な紳士の為か、ADVシーンの途中にはチュートリアル的なステージが挟まれている。シェラルド1人での出撃となり、ゲーム部分の仕様がなんとなくわかる親切設計。

いざ自由行動可能になった画面ではSHOPで装備やアイテムを揃える、クエスト受注、スキルの習得などが行える。スキルのセットは探索先でも可能だが、習得はここでしかできない。習得可能スキル一覧から、コスト内であれば自由に習得できる。習得したスキルを忘れてコストを戻すことも可。コストはレベルアップで増加。探索マップで利用できるスキルは習得&セットしたスキルのみ故、セット忘れに留意。

senkou30
魔法を含めセットしたスキルのみ利用可能 「スキル中」はCキーで発動するスキル

クエストを受注することで「出撃」が可能になる。クエストはメインとサブの2種でメインをクリアすると話が進み、サブが消えてしまうこともある故サブから受注するのが吉。クリア済クエストダンジョンでのレベリングも可。要するにADVシーン→自由行動→メインクエストクリアで次話へという流れだ。

バトルはほぼテイルズ~ライク!完成度高し!

本作のゲーム部分、特にACTバトルはテイルズオブ~シリーズバトルライク。シンボルエンカウントで奥行きのあるバトルマップ画面に移行、マップを自由に移動してXキーでの連撃やCキーでのスキルを使い敵を撃破、仲間キャラも勝手にガンガン攻撃してくれてる感覚はまさにそれ。senkou34

敵味方入れ乱れてのACTバトル 画面端方向キー入れっぱで逃走

女戦士監禁」等、テイルズ~っぽいバトルシステムの作品は既出だが、我輩の記憶が確かならばここまでテイルズライクのバトルを再現しているRPGは他にない。敵味方キャラがスピーディに動きまくり、必殺技や魔法が炸裂するACTバトルはそりゃあ面白いぜよ!仲間しゃべるし!と軽く感動を覚えた。 製品版ではコンボ数が一定に達すると発動可能な「奥義」「秘奥義」もある。バトル敗北時はバトル開始直後からリトライな仕様でゲームオーバーなし。この仕様は「ん?」

主人公系の物理キャラで殴った所感

通常攻撃、スキル攻撃共に放った後の硬直時間が長く大きなスキが生まれる。硬直は別スキル攻撃でキャンセルでき、例えばXキー4連撃→Cキー(スキル攻撃)→C+↑等、攻撃を繋ぐほどにコンボ増、更に仲間のコンボ数も上乗せされてめっちゃ楽しい!敵のやられモーション中にガンガン叩き込む感じだな。敵が強い場合は逆もあってピンチになりやすい。飛んでくる魔法をジャンプで躱しながら接近、攻撃!なんてこともでき、ある意味テイルズ~よりACT要素は高い。

あとは、縦軸判定が割と厳しい。この辺からなら当たるだろと攻撃するとスカることもしばしば。一度外すと前述の通り硬直時間が長く、硬直している横をサッとすり抜けれるのが悔しいわ!我輩の目測が甘い(笑 仲間キャラは軸合わせがスッゴイ上手、攻撃はほぼ必中。仲間強ぇ!てか上手ぇ!

バトルでの操作はキーボードよりパッドの方が向いている。攻撃、スキルは問題ないが、Vキーのガードを咄嗟に使うのが難しい。ガードの必要性はあまり感じなかったが。
senkou20
バトルメニュー画面 仲間の行動方針はここで変更可能

仲間への個別指示ができない プレイヤーキャラ切り替えで対応

仲間キャラの行動方針は大まかには指定可能。ただ、前線に出てほしくないなら「遠距離攻撃中心」をオンにし、且つ遠距離可能な魔法スキルなどをセットする必要がある。遠距離~をオンにしても遠距離攻撃の術がないとオラオラ~!と前線に出てしまう故留意。ついでに言うと、キャラの行動方針はバトル中しか選択できず、バトル中に変更しても反映は次のバトルからというorz

また、このタイミングで回復魔法!このタイミングで攻撃魔法!といった仲間への個別指示ができない。バトルメニュー画面からはアイテムは使えるがスキルは使用できんのだよなぁ。よって仲間の任意のスキルを使用したい場合はプレイヤーキャラ(リーダー)を切り替える。

まぁ敵を順当に倒していけばレベルもどんどんあがり、敵は装備品を落とし。装備とレベルさえ整えれば仲間達は強い故、サクサク進むだろう。↑の話はそれ程気にならん。重箱の隅をつついた(笑 気に入ったキャラをリーダーにし、各キャラの多彩なACTや魔法を楽しむのが吉。シェラルドだけ操作するのは勿体ない!各キャラごとのACTや魔法を楽しめる引き出しがあるバトルは期待を裏切らんハズだ。

senkou28
怪しいストーン団に追いつめられたアイカ達 こいつらとは今後も合間見えそうだ

横スク探索マップのACT要素高し!

やり応えという意味では横スク探索マップが思ったよりACT性が高く、ギミックにも富んでいる。高低差のあるマップをジャンプで移動し、ヒビのある壁は攻撃キーで破壊、ヒビのある床が落とし穴だったり、レバーやスイッチを入れないと先に進めなかったり。隠しマップ的な箇所もちらほら。全体マップは表示されているものの結構迷いやすい。残りのスイッチどこぉ~と放浪、移動速度がスピーディで回復ポイントも適度にあり、快適に放浪できる(笑 倒した敵も復活せんしな。

senkou18
上手くジャンプしないと敵に接触しちゃう緊張の場面 敵が動いたりもする故ドッキリ

マップ上を移動する敵シンボルに「接触」してバトルに突入した場合、左右から敵の挟み撃ちでバトル開始。敵シンボルに「攻撃を当てて」突入すれば敵味方左右に分かれてバトル開始。もちろん後者の方が有利、攻撃を当ててバトルに入るのが基本。なのだが、仲間が強い故あえて接触し、右を仲間に任せて左をプレイヤーが、という戦い方ばかりしていた我輩。

senkou13
最初のサブクエスト依頼者 プレナとのエロ

エロはサブクエストとメインストーリーで

基本はシェラルドと各ヒロインとのラブイチャ系エロ中心の様だ。学園モノな側面も活かされ。敵がすぐそこに迫る状況でフェラチオ、アイカとの訓練と称した初エッチの二つを堪能。前者はサブクエスト、後者はメインストーリーで発生。アイカのエロでは覚悟を決めて処女を捧げたのに、現地人と肉体関係をもつなど言語道断!とクルトン(人工知能)に怒られシェラルドのエロ記憶を消す。アイカただの破瓜損(笑

10人いるサブ含めたヒロインには全員エロがありそうな?↑のプレナの様にそれ以外の娘さんキャラとのエロもあり。基本32枚でこの画力、ラブイチャメインだが、作品タグによると陵辱っぽいシーンもある…?このサークルさんに限って寝取られはなさそうだが。と、見せかけて!?

体験版総合的に

大作。ゲーム部分は期待通りのデキ、期待以上のシナリオと登場キャラ達の人数、魅力。エロに関してはエロ重視なRPGと比較すればライトだがライトエロの何がイカンのだ!(逆ギレ 特にキャラの魅力がある故、萌えられるスペックはあると思うのだが。

ゲーム部分は素晴らしいデキ。これだけ丁寧且つ注力されたバトルシステムがツマランハズがなく、むしろサクサク仲間が強くなりすぎて勝手に敵を倒しちゃうもんだから消化不良。もっと歯ごたえのある敵と戦いたい!オードブルを食べ終え、もっと食わせろ!な状態だ。まさしく体験版。

2つほど難を言えば、ひとつ、この引き出しの多い良くできたバトルシステムを堪能するならもちっと難しくてもよかったのでは。もうひとつはパッドがない場合、キーボードとマウス両方使う必要があること。ゲーム部分では支障はないが、その他画面で操作しやすいとは言い難く。テイルズ系のACTバトルが好みなら是非!体験版を遊んでみて欲しい。

【体験版評価】8.5/10点 (面白さ9 システム9 没入感8 エロス8)

夢子「お取扱いサイト様です」

夢子「玉藻スタジオ様の過去作です」
冒険者の町を作ろう!2魔王戦記 Ver1.33


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *