退魔巫女遊戯 体験版感想・レビュー

退魔巫女遊戯
うんこモリモリ丸  RPG  1,600円(税抜)
【基本情報】♀主人公(名前変更可) ツクールVXAce製 バランス型 難易度:やり応え
【体験版評価】9.0/10点 (面白さ9 システム9 没入感10 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル亜種 1vs複数
逃走コマンド逃げやすい デフォルトダッシュ(オプション) メッセスキップあり
セーブはいつでも UIオリジナリティ:やや高 バトルオリジナリティ:高

期待値モリモリ丸 遊べばwktkモリモリ丸!

うんこモリモリ丸さんは処女作「退魔巫女物語」が大ヒットしたサークルさんであり、
「小学生かっ!」というサークルネームセンスで一度聞いたら忘れないサークルさん。
退魔巫女物語は2人の女子校生退魔士と魔物との戦いを描き、そのアツイ展開と
コンビプレイが光る戦術性の高い戦闘システム、当時としては画期的だった戦闘中
容赦なく犯されるエロ、と三拍子揃ったとても処女作とは思えないセンスと熱量が
詰まった一作だった。

本作は前作と世界観を共有しつつ、正当進化したRPGの様で、サークルさん曰く
「2年間ユーザーの様々な意見を取り入れ制作した力作。面白エロくないワケがない」と。
Oh、そこまで豪語されては期待値ハードルがなまら上がっちまうが…いいのかい?
うんこモリモリ丸「生半可な気持ちで遊ぶと火傷するぜ?」※言ってません

退魔巫女遊戯
かつてここまで自信をのぞかせるサンプル画像があっただろうか いやない(笑

退魔巫女遊戯01退魔巫女遊戯02退魔巫女遊戯04退魔巫女遊戯03

軽快なノリの中にもシリアスな伏線を匂わせる良作気配

本作は退魔士・セツナ(ボクっ娘)が1人で各地のダンジョンに蔓延る魔物と戦う。
が、チュートリアルを含め行く先々でナビゲーター役の妹分・マユコに様々な情報を
もらいながら攻略していく。セツナの行動はマユコに常に監視されていて、
悪口を言おうものなら即ツッコミ電話がかかってくる(笑

体験版はとにかくドタバタ(1人PTなのに)した雰囲気。そう思わせる要因は
マユコとの会話が頻繁であることの他、キャラがピョンピョン跳ねたりくるっと回転
したり、エモーショナルな吹き出しが多用されたりと主張が激しい演出(笑 である
ことが大きい。まー見ていてオモロイですわ、ちょっとしたイベントや会話が。
高確率でフキだしてしまうイベントシアターの神「サークルゴリッチュ」さん
クラスとまでは言わないが、似たスメルを感じてしまった。

かと思えば、ふと意味深なイベントが挿し込まれシリアス路線の伏線が張られる。
良く考えてみればセツナは何故退魔士になったのか、マユコとはどんな関係なのか
などが一切語られず謎が多い。が、心地よいドタバタ感が疑問に思わせず
ふと見せられる伏線にドキリとさせられる展開は良作の片鱗を見せる。
前作のストーリーを思えば、ドタバタコメディを挟みつつもシリアス路線はアッツイ
展開であろうことが想像でき、引っ張りこまれる。

退魔巫女遊戯05退魔巫女遊戯06

基本の流れ どこから攻略するかは自由

「商店街」を拠点とし、エリアマップからダンジョンを選択して潜る。
序盤からいくつかのダンジョンが解放されており、どこから潜るかは自由だが、
ダンジョンには推奨レベルが。推奨レベル通り順番に攻略するのが定石だが
レベル上げして推奨レベルの高いところから挑むこともできなくはない。
そういう意味で進め方にある程度自由度がある。また、一度クリアしたダンジョンには
推奨レベルがより高い「高難度ダンジョン」が出現、実質「寄り道ダンジョン」だ。

超骨太ゲームシステム 戦術性の高い戦闘と攻略性の高いボス戦

大概のゲームには「ここは妥協したな」と感じる要素があるものだが、我輩が体験版を
遊んだ限り妥協点はひとっつもなく、まさに渾身のゲームシステム。
一般的なターン制バトルとそんなに変わらん仕様なのに戦術性が高い戦闘、
ザコ戦に意外性をプラスしたボス戦、戦術に合わせたスキルツリー成長と
装備品合成、ボス戦後の宝箱ボーナス「ヒャッハータイム」、戦闘中に刻一刻と
変化するエロ、やたら多いダンジョンの宝箱など、どの要素もワンランク上、
注力とセンスの賜物。

退魔巫女遊戯07

特筆すべきは戦闘である。本作の戦闘はいわゆるターン制のコマンドバトルだが、
敵が攻撃してくる場合は敵グラに攻撃マーク、もしくは❤(エロ攻撃)マークが付き、
マークが無ければなにもしない。敵の種類にもよるが、2~3Tに1回攻撃してくる感覚。
一般的なターン制コマンドバトルよりプレイヤーに有利な仕様なんだが、
実際戦闘をしてみるとかなり戦術性の深い戦闘を楽しめる!

エロ攻撃を受けるとデバフが付き(立ち絵が変化)、巫力(MP)を奪われ不利になる。
デバフを放置しているとエロがエスカレート、更に巫力を奪われる。
巫力は物理攻撃与ダメに大きく影響する他、戦闘敗北条件も「巫力ゼロ」である故、
巫力運用には常に気を配らねばならん。巫術は強力だが、巫力が減るリスクがあり
連発すると敗北リスクが高くなる。

こんな理由から巫力を奪うエロ攻撃は極力受けたくない。幸い❤付の敵に
先に攻撃を当てるとエロ攻撃を潰せる
故、我輩は❤敵を優先攻撃する戦術を
とった。あと一撃で倒せそうな敵がいる場合は状況によってそちらを優先したり。
被ダメは結構デカいが、敵が1.2体であれば敏捷の高いセツナは被ダメ機会が少なく、
ノーダメージで倒せることも。

ただし敵の数が多くなると単純に被ダメ機会が増え、特に全員に攻撃マークがついた
ターンや、敵のTPが溜まり大技を放ってきそうな時などどう対処するか、
このあたりの駆け引きが本当に楽しい!

退魔巫女遊戯08

例えば…「防御(被ダメ1/4)」で耐える、「バックステップ(被ダメ1/2、回避+50%)」
でいなす、「クロスカウンター(被ダメ1/2&反撃)」で攻勢に出るなどなど。
特にクロスカウンターは敵が大技で連続攻撃してきた場合同じ回数反撃し超強い!
が、消費TPがバックステップの3倍、ピンポイトで使え!
巫術「竜震」で全体攻撃+転倒させるのも有効だが、被ダメ軽減がない故相応の
リスクはある。そもそも敵の数が多い時点で逃げるのも三十六計。

退魔巫女遊戯

どの行動を選ぶにしても、そのスタイルに合った装備品を付けている方がより効果的で、
防御なら防御力、バックステップなら回避率、クロスカウンターなら攻撃力、
巫術なら巫術力など。装備品は5枠あるアクセサリが重要、アクセサリは
敵が落としたり宝箱からゲット、同じものを3つ合成すると3つ分の効果のある
アクセサリが作れる。回避+1%のアクセサリを3つ合成すると回避+3%の
アクセサリが完成。我輩は回避を多めに付けた回避重視スタイルで。
武器など装備が変わると立ち絵にも反映するあたりも妥協してまへんえ。

弱点を突けば「炎上」や「気絶」のデバフをつけたり、長期戦では「毒」、
敵が多い場合は「混乱」が有効など、属性とデバフも上手く使え!

退魔巫女遊戯09

敵シンボルの後ろから接触すれば先制攻撃、立ち回りが有利になる。
わりとバックをとりやすく毎回狙っていきたいところ。
戦闘終了後にはHPと巫力が10%回復、被ダメを減らす戦い方など、
効率いい運用をすることで長く潜っていられるバランスはブラボー!
RPGの醍醐味をしっかり味わえるシステムの数々だ!

退魔巫女遊戯10退魔巫女遊戯11退魔巫女遊戯12退魔巫女遊戯13

毎回ヒトクセあるボス戦 力押しでは倒せんぞ

ボス戦ではHPを減らす程に苛烈さを増す攻撃、ボスごとに用意されているギミックで
初見プレイではかなり苦戦。例えば最初の「地下水路」ではザコ的な「手」が
倒しても倒しても出現し、追いつめると被ダメのデカい大技を使ってくる。
次のダンジョン「彼岸峠」のボスは、4体の内一体のみが本体で、偽物に攻撃しても
ダメを与えられない。本体を攻撃する度にシャッフル、本体だけを狙うには…

段階を追ってマユコの情報を元に実践し、ボスを追いつめていく展開は
ドラマチックだなぁと。あと少しでボスを倒せそうだ!というタイミングで
セツナのTPが100%溜まり「★必殺!! 桜花★」でトドメを刺せるあたり、
スゲェ練り込まれたボス戦バランス!また、シャッフルボス戦でとある
攻撃をするとマユコが褒めてきたのは驚愕した!このボス戦でそれを使わなければ
見る機会がないセリフまで用意されとるとは!周回プレイするほどに新たな
発見がありそうな作り込みなのだ。

退魔巫女遊戯14

スキルツリー方式 成長させ方にも幅がある

スキルはレベルアップで得られるスキルポイントをスキルツリーに振り分け取得。
最初は物理攻撃、巫術、パッシブの3つのツリーのみだが、新たな本を入手する
ことでスキルツリーが追加される。例えば「Hな本」はエロ(されやすくなる)スキル
ツリーが追加され、後述の「戦闘エロ」を自分好みのシチュに操作しやすくなる。
スキル取得の順番と前述の装備品選びで成長のさせ方にある程度幅があるのだ。

スキルの中にはジャンプ(1マス分の穴やオブジェクトを飛べる)や、水中移動時の
ペナルティを無効化するなど、移動時スキルもある。
特にジャンプを習得すると回収できる宝箱が一気に増え、ただでさえ多い宝箱の
回収が更に楽しくなる!

退魔巫女遊戯15退魔巫女遊戯16

ヒャッハータイム!

ボスを倒すと大爆発後、宝箱が唸るほどマップにバラ撒かれる!(30個くらい)
その光景を目にした守銭奴のマユコが「ヒャッハー!」と叫ぶ為、ヒャッハータイム
というらしい(笑 ちょっとしたミニゲームで、20秒間でできるだけ回収する。
ズル技かもしれんが、ヒャッハータイム開始直後にセーブするいいぞ。

退魔巫女遊戯17退魔巫女遊戯18退魔巫女遊戯19退魔巫女遊戯20

戦闘と融合したエロ 戦闘DEエロと敗北エロがメイン

エロは前作同様、戦闘中エロと敗北エロに特化している。
ザコ・ボスすべての敵にエロ攻撃があり、「ネバネバ」や「まきつき」など
エロ状態異常を付けてくる。その状態とアーマブレイク(小~大)等の条件が揃うと
クリティカルエロ(CGエロシーン)に突入し、巫力を大きく奪われる。

退魔巫女遊戯21
クリティカルエロ
退魔巫女遊戯22
敗北後はギブアップしない限り延々と嬲られる 捗る演出だっ!

HPがゼロで動けなくなるが敗北にはならず(アイテムで復帰可)、巫力ゼロで
↑のギブアップシーンとなり、その後敗北エロシーン。直前のマップから再開だ。
ゲーム途中からはギャラリー的な「変態空間」に行くことが可能となる。
敵と戦闘してまだ見ぬエロシーンを解放することもでき、解放すると
スキルポイントがもらえたりと、攻略にも一役買うシステムだ。

体験版総合的に

感想を率直に言うと…グレイト!体験版範囲で時間を忘れて没頭した作品は
ほんっと久しぶりである。本作を構成している要素のどれをとっても文句の
付けようがない作り込み、妥協しない姿勢を感じ、その全てががっちり面白さと
遊びやすさとエロに噛み合っている。前作を超える逸品。

撫子「こんな嗜好の紳士におすすめかなぁ?」
ボクっ娘 陵辱 異種姦 拘束 セーラー服

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *