迷宮踏破 MonsterGirls 体験版感想

迷宮踏破 MonsterGirls
ふらむそふと  RPG  1,300円(税抜)
【基本情報】♂主人公(名前変更可) ウディタ製 ゲーム性重視 難易度:普通
【ゲーム情報】
ランダムエンカウント CTB 複数vs複数 3Dダンジョンを前進・後退で最奥を目指す
逃走コマンド100% メッセスキップあり セーブは拠点で
UIオリジナリティ:普通 バトルオリジナリティ:高い

ノンフィールドタイプのハクスラ系やりこみRPG! 仲間は♀モンスター

多くの魔物が住む魔王城に、強力な力を携えた次期魔王を名乗る♀魔物が攻め入り
戦いの末魔王は敗れてしまう。魔王の息子と側近システィはなんとか逃げ延び、
冒険者の街ラシェイドに拠点を構えた。主人公である魔王の息子は♀モンスターを
従属させる力を持ち、その力で戦力を強化して魔王城奪還を誓う。

という導入ストーリーはあるものの、ゲーム自体は戦闘や育成がメインの
ハック&スラッシュタイプ。いくつものダンジョンで♀モンスターを仲間にしながら
踏破することでゲームが進行。ダンジョンは↑で前に進む、↓で後ろに戻り
ひたすら奥を目指すノンフィールドタイプで、一歩ごとに戦闘や宝箱、罠など様々な
イベント判定が入る。戦闘がやり応えありありCTBでヘイト・属性要素が重要。
PTメンバー全員にクラスを割り振り、スキル習得はスキルツリー、アイテムや
装備なども数百に及びPTメンバー育成にハマれる一品。世界樹の迷宮シリーズに
PTメンバーの多様性と若干のキャラクター性を持たせた感じだろうか。

「迷宮踏破 MonsterGirls」体験版では

2つ目のダンジョン踏破まで。エロは敗北での逆レイープが4つだが、やりこんで好感度を
上げればラブイチャエロを更に4つ見れそうな。普通に遊べば1.2時間位だが、体験版
だけでも♀モンスター育成でかなりやりこめる。

迷宮踏破 MonsterGirls 01

基本は冒険者の街ラシェイドと各ダンジョンの往復

街を拠点としてダンジョンに潜り、最奥まで踏破すれば次のダンジョン解放、ただし
各ダンジョンにはザコ敵とは別に強力な♀モンスターが2人登場し行く手を阻む。
1人目は中階層(最奥が80なら40辺り)でエンカウントし、2人目は最奥付近に。
彼女達を倒して仲間に加え、次のダンジョンへ…という流れだな。

3Dダンジョンを前進・後退するのみのダンジョンでは一歩進む毎に様々なイベントが
ランダムで発生したりしなかったり。
最も確率が高いのはザコとの戦闘、次点で宝箱。それ以外はどれも似たような確率で、
運が良ければ何事もなく数歩進めるが1~3歩ごとになんらかのイベントが起きる、
体感的にはそんな感じ。戦闘以外のイベントを挙げてみると…

・宝箱を発見…ほぼトラップあり。シーフ系のクラスがPTにいると安心
・採掘… ツルハシを消費して採掘可能 鉱石や宝石類をゲット
・採取… 採取セットを消費して採取可能 薬草類をゲット
・休息ポイント… テントやコテージなどを所持していれば回復可能
・各種回復系… ダンジョンによって異なるがHPやSPが回復する
・各種ダメージ系… ダンジョンによって異なるがHPやSPが減る
・行商人… 街の店売りより強い装備を購入可能
・コイン交換おじさん… レジェンドコインの枚数に応じて貴重なアイテムゲット
・各種選択肢イベント… ダンジョン毎に異なる 結果は良かったり悪かったり

迷宮踏破 MonsterGirls 02
コイン交換おじさんイベント 特殊な装備やアイテムを入手可能

体験版で遭遇したイベントで覚えているのはこれ位だ。
宝箱イベントはシーフ系が1人PTにいるかいないかで進めやすさにかなり影響する。
いない場合は素人なメンバーが適当に開けることになりトラップを食らう機会が
多いのだ。シーフ系さえいればほぼ安全に開けられて宝箱に怯える日々にサヨナラ。
ダンジョンからは「帰還の羽」を使えば街に戻れるが、序盤は結構高価で
装備品との天秤で結構悩む。まぁ宝箱からも出るが、1つは持っておきたい。
宝箱からはレアアイテムも出るぞ。

迷宮踏破 MonsterGirls 03

ラシェイドの街の機能 セーブはここでのみ

街ではギルドハウス、店、酒場が利用できる。ギルドハウスは主人公の持ち家だが
休むにはレベル×PT人数依存のお金がかかる。システィ曰くハウスの維持費なんだとか。
セーブやクラスチェンジなんかもここでのみ行える。

店は武器防具、道具を買えるのはいわずもがな。ダンジョン踏破ごとに品揃えが
よくなるが、売っているのはごく普通の武器・防具で属性付加装備や特殊装備
なんかは宝箱や行商人、コイン交換おじさんから入手する。

酒場ではゲーム攻略に有用な情報を聞ける。特に次に挑もうとしている
ダンジョンにいる♀モンスターの情報は必ず聞いておくべし。属性等に関して
対策を立てられる。

迷宮踏破 MonsterGirls 04
中央のバーの上のアルファベットが敵の行動値、下の番号が味方行動値

CTBにヘイトが絡む戦闘 ♀モンスター戦では属性にも留意!

戦闘はCTB(コマンドタイムバトル)で、敏捷の高いキャラほど早く行動順が
まわってくる。行動値は戦闘画面中央のバーで一目でわかる。
♀モンスター戦など長期戦では敏捷の高さが重要になるが、短期決戦になりがちな
ザコ戦では、戦闘開始時の初期行動値がランダム故に敏捷の高さでゴリ押し、
とはいかず、何も考えずに戦うと被ダメがデカい。そこで重要なのが「ヘイト」だ。

敵はヘイトが一番高いキャラを攻撃してくる故、ナイトやファイターなど
防御力が高いタンク役のクラスのキャラに被弾してもらうのが最も効率がいい。
戦闘開始時のヘイト値は全員40、攻撃するごとにヘイトが高まり、防御力の低い
キャラが先に攻撃すると被弾してしまう。ヘイトが同じ値であれば左寄りのキャラが
ターゲットに。ターゲットキャラはヘイト値が赤くなる故わかりやすい。

本作ではタンク役とそれ以外のクラスの被ダメは結構差がある故、
被弾する機会が少なく敵を圧倒できる状況でない限り、タンク役に被ダメを
集める様に行動するのが最も効率がいい。
その為に待機でヘイトを高めない様にしたり、スキル「タッチ」等で
タンク役の行動順を早めたり、逆に敵の行動順を遅らせるスキルを使ったり。
タンク役は他メンバーより高いヘイトを得られる攻撃や、スキル「プロヴォック」で
ヘイトを高めたりなど、ヘイトの調整が必要となる。
この要素が本作の戦闘に高い戦術性を持たせており、1戦闘毎に面白い!

更に♀モンスター戦で重要になるのが「FE(フィールドエレメント)」だ。
火や土など属性効果のある魔法等を使うと、場に属性効果を発生させる。
場に属性効果が付いた状態で属性魔法等を使うと威力が倍増するのだ。
♀モンスターは敏捷も高く、FEを発生させての魔法攻撃が常套手段であり、
全体攻撃を使われると一撃でPT全体が致命傷になりかねない威力。
FEは半属性の魔法等を使うと打ち消すことができる。
敵が土のFEが付けてきたら風FE効果のあるスキルで打ち消していくべし。
これも戦闘の緊張感を高める要素で非常に良いバランスに仕上がっている。

PTメンバー育成 クラスとプラーナ振り分け

序盤で可能なクラスチェンジは以下の10種。

・ファイター ・ナイト ・メイジ ・ミスティック ・アコライト ・モンク
・シーフ ・シューター ・ルーンナイト ・アルケミスト

同じ系統で2種存在する感じだな。バランスのいいPTが望ましいが、
主人公やシスティはともかく、仲間にした♀モンスター達は元々の能力を考慮して
クラスチェンジすべし。ちなみにクラスチェンジは初回無料だが、2回目以降は
レベル依存の結構なお金がかかり、慎重に選ぶ必要があるのだ。
レベル30に達すると上位クラスにクラスチェンジ可能。

また、各キャラには「プラーナ」という値を各種ステータスに割り振って
補強可能。プラーナはレベルアップで増加、スキル取得に必要なスキルポイントも
同様だ。スキルはクラスごとのスキルツリータイプで取得には結構悩むなぁ。

迷宮踏破 MonsterGirls 05

頻度は低いが結構エロイんです

♀モンスター戦での敗逆レイープエロと、仲間にしてから好感度MAXでのエロの2種。
好感度に関しては上がるごとに会話イベントが発生する様だ。
エロCGは♀モンスターごとに絵師が異なり、結構クオリティが高い!
逆レイープでは連続で搾り取られたりと、それまでゲームに没頭していても右手が
発電に向かう魅力があった。敗北しなくても勝てばギャラリーに登録される。

ダンジョンでは様々な場面で各キャラが一言セリフを言ってくれる。
そのセリフもカスタマイズ可能で好きなセリフを言わせたりも。

体験版総合的に

じっくり腰を据えて戦闘と育成を楽しみたい紳士には是非体験版を遊んでもらいたい!
我輩的にはとても面白かった。Wizや世界樹が好きな紳士であればハマれるのでは。
探索が3Dダンジョンの前進・後退のみ故、緊張感はそれほど高くはないが、
戦闘と育成に特化したクラシカル風味のRPGだ。

【体験版評価】8.0/10点 (面白さ9 システム8 没入感8 エロス7)

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

撫子「本作と前作から人気のヒロインを4人ピックアップしたADVです。」
モン娘の一日

夢子「ふらむそふと様の過去作です」
サキュバスに捕まった!

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *