触手逆襲 乙姬無惨 体験版感想・レビュー

触手逆襲 乙姬無惨
水の妖精  3DACTRPG  1,600円(税抜) CV:一部アリ
【基本情報】♀主人公 Unity製 バランス型 難易度:易しい
【ゲーム情報】
左クリック…移動・攻撃 右クリック…視点変更 ホイール…ズームイン・アウト
Cキー…ステータス画面 Mキー…メニュー画面 Gキー…コス変更 Hキー…顔変更
スペース…連打でスタン状態から脱出 Esc…ゲーム中の3Dエロから離脱
セーブはメニュー画面からいつでも

痛快斬撃アクション!成長を実感できるハクスラ型の3DACTRPG

幼少の頃から武の世界に浸っていたある国のお姫様は王から外の世界に出ることを許され
放浪の旅に出る。正義感の強い彼女は先々で人々を救い、いつの間にか名高い
化物ハンターとなっていた。そんな彼女の元に舞い込んだ次の依頼はある島国で暴れる
古代生物を排除することだった。意気揚々と乗り込むヒロインに様々な生物が襲いかかる。

こんな導入のUnity製3DACTRPGである。広々としたマップを自由に移動する
オープンワールド系とは違い、ステージクリア型で各ステージもほぼ順路が決まっている。
特徴はなんといってもゴリゴリレベルが上がることと、移動速度や攻撃速度など成長を
ダイレクトに実感できる多対一の痛快斬撃アクション!前作と同じゲームシステム
なのだが、既に安定した面白さがあるなぁ。操作も実にシンプルだ。

「触手逆襲 乙姬無惨」体験版では

1ステージのみ遊べる。エロは5種、コスチュームも5種。顔も変えられちゃう!

触手逆襲 乙姬無惨

前作と被っている要素が あまり気にならんけども

前作「空想実験 最強電撃娘」を遊んだ紳士であれば「おや?」と思う点がいくつかある。

・ステージ1が前作と全く同じマップ構成
・主人公が前作のボスキャラ「ビリビリ娘」
・ゲームシステムがほとんど同じ(踏襲しているとも言えるが)

一つ目に関してはプレイし始めた時「またこれ?」と思ったものだ。なにしろ前作は
本作の1ステージマップを繰り返し戦い、敵だけが強くなっていくゲームだったのだ。
その分主人公は3人いたんだが。故にまた同じマップで延々と戦うタイプかと思ったが
サンプルや動画を見る限り1ステージ以降は別ステージが用意されている様だ。ほっ。

2つ目に関しては単純に前作のモデリングをそのまま流用しているという意味。
ただ、前作では人間♂や触手モンスターが主人公でボスであるビリビリ娘を犯す、という
ゲーム設計だった。本作ではそのビリビリ娘(見た目だけで設定は異なる)が主人公となり、
攻撃モーションやエロはまた別物となっている。故に特に気にはならない。
コスもエロもかなり増えている。

3つ目に関しては前作とほぼ同じゲームシステムというだけで、元々遊びやすく
遊び応えのあるシステム故、これも問題なし。
一応前作を遊んだ紳士であればこういう被りがあるよ、ということを前提に。
見た目こそ前作と似ているが、ストーリーや設定が全く別物で、そもそも本作の
「触手逆襲」というタイトルは前作の方がふさわしい様な?どうでもいいけど(笑

触手逆襲 乙姬無惨00触手逆襲 乙姬無惨01

ガンガン戦ってゴリゴリレベルを上げるのが醍醐味

前作同様のバトルシステムで操作も非常にシンプルだ。マップ画面の行きたいところに
左クリックで主人公が移動する。また敵を左クリックすることで敵の位置まで移動し
押しっぱで連続攻撃する。敵味方共にノックバックなし、足を止めての殴り合いだ。
攻撃範囲が広く周囲の敵を撒きこめる故、多対一上等の戦術が基本。
HPは攻撃中でも移動中でも自然回復。ザコ2.3匹倒すごとにゴリゴリレベルアップし、
ステータスポイントゲット。これを以下のステータスに割り振って強くなっていく。

ストレングス… 攻撃力や防御アップ。
バイタリティ… HP上限や防御がアップ。
アジリティ… 攻撃速度、移動速度がアップ。防御力も微弱ながらアップ。
リジェネレーション… 自然回復力。高いほど回復力アップ。

触手逆襲 乙姬無惨02

アジリティを上げていくと体感的にわかるほど攻撃速度と移動速度が上がり、ゲーム
自体のテンポが上がる!ザシ…ザシ…ザシ位だった攻撃速度がザシ!・ザシ!・ザシ!
ガンガン上げていけば敵の攻撃1回の間に4.5回は叩きこめる。ACTで移動速度や
攻撃速度が成長するゲームはレアだと思うのだ。もちろん与ダメ上昇や被ダメ減少でも
成長を感じられるが、アジリティアップの恩恵は「強くなってる!」という感覚を
得やすく面白い!レベルがゴリゴリ上がる故、極振りすればめっさスピーディな
アクションを楽しめる。体験版範囲でも攻撃速度がデフォの3倍に!ザ○とは違うのだよ!

もちろんバイタリティやリジェネレーションも大事。大量の敵に囲まれて殴り合うには
防御力と回復力が必須だ。逆にストレングス極振りで一撃必殺タイプにするのも面白い。
速度は遅いが一撃が重い重厚なプレイ感覚が楽しめそうだ。

どんなタイプに成長させるにせよ、ゴリゴリレベルが上がってどんどん割り振って
成長させるのが非常に小気味いい!短期間で成長を感じられるシステムなのだ。
思う存分レベルアップしながらステージ奥のボスを目指そう。

触手逆襲 乙姬無惨

コスチュームや武器を拾うべし

敵を倒すとコスチュームや武器を落とすことがある。クリックでゲットできる。
コスチュームは全20種もあり、ゲットした瞬間からキーボードのGキーを押す度にコスが
切り替えられる。いちいちメニューを開く必要はないのだ。これ地味にいいぞ!
また、Hキーを押すと顔と髪型が変わる。2タイプしかないがデフォから切り替え可能で
もはや別人(笑 つまりコスチュームと別人仕様で都合40種類の見た目が楽しめる。
体験版でも5種ゲット可能。

触手逆襲 乙姬無惨04
レベルアップのステ振りと装備を行うステータス画面

武器に関してはCキーステータス画面からドラッグ&ドロップで装備。装備すると
武器のグラフィックも変わり、よりカッコよく。娘さんの二刀流はイイモノだ!

ムラムラしたらゲーム中でも自家発電可能な3Dエロ

ザコ敵にはエロはないが、途中途中にいる「エリートエネミー」から特定の攻撃を
受けると「スタン」状態になり、スペースキー連打を求められる。一定時間内に
スタン脱出できないとエロ。エロペナルティは特にない故安心してエロを受けよう(笑

エロ中はギャラリー同様、左クリックとホイールドラッグで画面をグリグリ視点変更
できる。ホイールで拡大・縮小。Escキーを押さない限りエロが続く故、いくらでも
オカズにできる。エロはギャラリーで、が主流のアクションDEエロにおいて
この仕様はうれしい。お!このシチュエロイな…と思ったら即使えるのだ!

触手逆襲 乙姬無惨05触手逆襲 乙姬無惨06

ちなみにエロ中もGキーとHキーの着せ替えは有効故、ゲーム中にも関わらず
自分好みの構図とコス、顔までいじれる。3Dの恩恵がフルに活かされとるなぁ。

触手逆襲 乙姬無惨07

もちろんギャラリーでも同様の機能でこれまで倒したエリートエネミーのエロを
次々と見ることができる。が、コスはクリックの切り替えで、顔は変えられないorz
顔変えられない問題に関してはサークルさんが鋭意対応中故、心配ないと思うが、
ギャラリーもGキー、Hキー切り替えでよかったのでは?とも思わんでもない。
あとな、本作のエロは3種位のモーションがループするのみで、明確な汁だく
フィニッシュはないぞ。主人公がイッてる様な感じはある故、使えるのだが。

体験版総合的に

ゲームのプレイ感覚としては前作同様爽快で面白い。ヒロインが大剣二刀流で
ズバズバと斬り込む姿はクールビューティ!コスもエロも飛躍的に増えて
エロゲとしてより完成度が高くなっている。細かいことを言えば、3Dモデリング
エロのディテール(特にチ○コマ○コ)はやや気になるものの、シチュを考えれば
十分エロいハズ。あとはキーボード側で使うキーがEsc・C・M・スペースと
配置がバラバラなのもちょいと気になるが、たまに使うキー故それほど影響しない。
遊ぶ際はメニューのセッティングからSFX(効果音)を最大にするのが
オススメ!ザシザシザシと斬る音がモチベを高めてくれるぞ!
1ステージのコスやエロ収集数からすると製品版では5ステージ程度だろうか。

現在は64bitにしか対応してない様だが、これもサークルさんが対応中。
良くわからん紳士は体験版をお試すべし。PCスペックもそこそこ必要。
ちなみに本作は海外サークルさん製だが、日本語は結構通じる様で、
言いたいことがあればサークルさんHPでコメントすれば反応してくれる。
Unity製ゲームはやっぱり海外勢が強いのだよなぁ。

【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)

撫子「こんな嗜好の紳士さんにオススメかなぁ?」
3D 異種姦 丸呑み 女戦士 コスプレ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「水の妖精様の過去作です」
空想実験 最強電撃娘

夢子「前作の記事はこちらです」
空想実験 最強電撃娘 体験版感想・レビュー

夢子「本作に似た作品はこんな作品もあります」
三国夢想 王元姫無惨百鬼夜行 剣姫無慘愛なきバケモノハンター~負ければ触手に犯される~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *