空想実験 最強電撃娘 体験版感想・レビュー

空想実験 最強電撃娘
水の妖精  3Dアニメ+アクション  1,600円(税抜) CV:喘ぎあり
空想実験 最強電撃娘

マウス操作だけで遊べる3Dアクション レベルアップと3Dエロを楽しめる

「とある科学の~」の御坂美琴がボスキャラの見下ろしタイプのアクションゲーである。世界観はまるっきり原作と関係がないファンタジー、登場キャラや敵キャラも「とある~」とは別物。普通のファンタジーモノのボスにビリビリ(=御坂美琴)を配置したというだけ。海外サークルさんスメルがプンプン(笑 主人公は人間キャラ含め触手キャラなど3人、それぞれの主人公でエロがある。おそらくだがUnity製なところといい、ゲーム設計といい「赤いトンボ」さんに関係したサークルさんではないか思われる。台湾だったか中国だったか、そちら系のサークルさんだ。

ゲームとしては「愛なきバケモノハンター~負ければ触手に犯される~」をより遊びやすくした作品といえる。ACTなのにマウスだけの簡単操作で遊べる手軽さ、またその面白さは他RPGやACTとはちょっとベクトルが違う。「短時間でグイグイレベルアップ」を楽しむゲームであり、ソレと共に爽快さも増していくという。ただしセーブ機能が無い故、毎回イチからのプレイとなる。

エロも勿論3Dアニメだがゲーム中はエロ要素が一切ない。ビリビリ倒しステージをクリアするごとにギャラリーが解放される。エロを集めるという意味でもモチベーションが沸く設計で、全8ステージ×主人公3キャラで24のエロシーン。

「空想実験 最強電撃娘」体験版では

主人公3人の内、大剣を扱う騎士?キャラのみ全8ステージ遊べる。製品版では骸骨みたいなのと触手みたいな主人公が選べる様だ。ゲームとしては1/3を体験版で遊べてしまえてプレイ時間は1時間~くらいだろうか。レベルをどこまであげるかで各ステージの難易度が変わり、レベルさえ上げれば誰でもクリア可能だ。ただしエロは8シーン中の4つまでで、差分なども閲覧不可。それでもいい体験版じゃよ!

ACTRPGではない 毎回1からプレイのACT 全8ステージは全て同じ構成

パッと見ではACTRPGっぽく、我輩も結局RPGなのだろうと思ってプレイしてみたがこれはACTだ。まずセーブ機能がない。どれだけレベルアップして強くなっても次回プレイはまたイチから。1ステージクリア毎にエロシーンが解放されてこちらは記録に残る。一度解放すればいつでもギャラリーから閲覧可能だ。故に、効率よくエロをみたいなら主人公1キャラにつき8ステージを一気にクリアしてしまった方がいいだろう。全8ステージといってもクリアまでは1時間~位で「コツ」さえ掴めばもっと短縮できるかもしれん。

まぁゲーム設計としてはちょっといじわるかと思うが、ゲームオーバーは無く(倒されてもレベルを引き継いでステージ最初から即リプレイ)
レベルさえ上げれば楽勝な難易度も手伝ってイライラするほどでもなかろう。

また、全8ステージはすべて同じマップと敵キャラ配置構成。ステージが進むに連れ敵が強くなる仕様だ。コレについては是非が分かれるか。我輩もまさかすべて同じステージ構成とキャラ配置だとは思わなんだ。ただ、それを差し引いてもゲーム部分が面白い。何故ならキャラの成長がとにかく早く、目に見えて強くなっていくからだ。特に移動スピードと攻撃スピードが上がっていくのはぎんもちぃ~♪&無双化が進む!やりこむとレベルは1000を超える(笑 セーブできんけどな!

空想実験 最強電撃娘

なにがそんなに楽しいのか本作のバトル 成長が短時間でわかることでしょ!

本作は左クリック押しっぱでカーソル位置に移動、その軌道上に敵がいれば3連続攻撃を自動で繰り出す。アイテムや装備などは一切無し、回復は常時回復でどれだけ回復が早いかは「回復力」が影響している。避けるとかは大群に囲まれた時以外は不要で、基本正面からの殴り合いバトルだ。回復力はかなり重要。敵は倒しても一定時間で再ポップアップする故、もたもたしていると大群に包囲される。

本作のレベルアップの早さは同人RPG屈指というか超越した次元である。ゲーム開始当初はあまり実感できんかもしれんが、ステージを進めるごとに「何事!?」という位レベルアップが上がる。ステージ3位になると敵1体倒すと1レベル上がるくらいになる。上がれば上がるほど上がりにくくなるのがレベルアップというシステムの定石だが、本作にはそれがなく強い敵程レベルアップに繋がる設計なのである。

敵2.3体を相手にすることが多いが、場面によっては7.8体位をまとめて相手にすることもありそれだけでレベル7~8あがる。レベルが1上がるごとにステータスポイントが1上昇し、任意のステに振り分けられるぞ。ステは「攻撃力」「体力」「デクステリティー」「回復力」の4つだ。攻撃力はそのまま、攻撃力があがる。体力ははHPをあげ時点で防御力もあがる。デクステリティーはDEXだな。1あがるごとに移動スピードが0.1、10上がるごとに攻撃スピードが0.1上がり防御もあがる。回復力は常時回復に影響する。

我輩は3回遊んでみたが、やっぱりレベルを上げたくなってしまう魅力がある。移動スピードや攻撃スピード、これらは普通のACTでは成長させることができない要素。だからこそレベル上げに夢中になってしまうのだろう。早いだけじゃ敵の攻撃を捌けなくなってきたら回復力・攻撃力・体力を上げていく感じ。

効率よく全8ステージをクリアするには

ゲーム序盤はレベルアップの機会も少なく一番難しいかもしれん。移動も遅く、攻撃スピードもめっさ遅い。まずは回復力と攻撃力を重点的に上げよう。時点で体力。デクステリティーはまだあげなくていい。本作のキモはとにかく先のステージに進んで強敵と戦いレベルアップ環境を整えること。3ステージ辺りまでくると経験値がかなり増えてレベルアップも頻繁になる。そうなったらデクステリティーをガンガンあげるべし。攻撃スピード上昇=被ダメ機会減少、移動スピード上昇=大群に包囲されにくくなりレベリングもしやすくなる。また、攻撃スピードが速くなるとビリビリの攻撃をキャンセルできる。速いほど封殺できるのだ。

5ステージで長めにレベリングするのがオススメ。6ステージ目からは雑魚敵がこれまで以上に強くなる。レベル400程度あれば充分戦えるだろう。我輩は攻撃力100、体力47、デクステリティー176、回復力100のレベル404で6ステージに臨んだ。とはいってもこれは我輩流のプレイで体力重視、攻撃力重視とかの遊び方もあるだろう。時間的な効率面でいえばデクステリティー重視は間違いないと思うぞ。

ちなみに本作はACTだが、敵とのバトルは正面からガチ殴り合いのみ。小手先の技は無い。こちらの総合攻撃力・回復力が勝るか敵の攻撃力がそれを凌駕するか。ヒット&ウェイはあまり意味がない。敵の再ポップアップが早く大群に囲まれるだけだ。

空想実験 最強電撃娘

エロはビリビリを倒すごとにギャラリー解放

ゲーム部分とエロは完全に切り離されている。エロはギャラリーで好きなだけ堪能でき、3Dアニメだ。拡大・縮小、コスチェンジなどの機能もあり、アニメタッチ系のエロとなっている。体験版では人間の主人公だが、ガイコツや触手主人公ではそれっぽいエロがあるのだろうな。この部分だけでも充分作品として成り立っているが、まぁ最近の3Dエロで目が肥えた紳士には若干物足りないかもしれん。画面操作はゲーム部分と同じ、マウス操作だけで可能で、ホイールドラッグで画面移動などイリュージョンの3D操作に慣れていると操作しやすいのでは。

体験版総合的に

セーブ機能がないのに何度もプレイしてレベルアップを楽しみたくなる作品。これはこれでいいゲーム設計だと思うがなぁ。飽きは早いかもしれんがその内またプレイすると時間を忘れてプレイしそうな。サークルさんHPのコメントを見るとセーブ機能がないのが不満な紳士も多い様だ。いや逆にこの仕様でセーブ機能があるとヌル過ぎる気もしないでもない。リリース初日に体験版アップをミスった(と思われる)のが人気を下げてしまった様な。我輩的にはとにかく短時間でグイグイ強くなるゲーム性を楽める一品、というところだ。3Dエロもそれなりのクオリティで期待を外す程ではない。全然関係ないが、空想実験というとオフで超人気だった「空想実験VOL.2 プラス」とか思いだすなぁ。

本作のデモムービー

夢子「お取扱いサイト様です」
[水の妖精] の【空想実験 最強電撃娘】DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *