淫魔の遊戯 体験版感想

淫魔の遊戯
開発室  BFRPG  1,300円(税抜)
淫魔の遊戯-imp

淫女王アニスを討て!淫魔相手のタクティカルBFRPG 敗北で搾り取られる

バトルファック(以下BF)を中心としたゲーム作品で女性上位エロを表現しているサークルさんのBFRPGである。本作はこれまでのサークルさん作品の集大成、若しくは分岐点となる作品となっていると感じる。バトルがWTBとなりタクティカルでRPGとしてやり応えがあること、弱点(?)であったCGを「限界!?お兄ちゃん」シリーズで人気の「いぬすく」氏が担当していること、この2つが揃いBFRPGとして高水準に昇華されている。

いぬすく氏は前作でもCGを担当していたが、前作はBFRPGというより狐巫女から逃げる鬼ごっこRPGだった。それに対し本作は本格的なBFRPGとなり、CGボリュームも基本27枚と大幅アップ。実際体験版を遊んでみるとめっさ面白くエロも大変にいいモノ。BFRPGの名作「ROBF」を楽しんだ紳士であれば間違いなく鉄板だと思われる。その系統だ。

「淫魔の遊戯」体験版では

「廃れた鉱山」「村の診療所」の二つのダンジョンをクリアしてリーザを救出、いざ本格的にゲーム開始なところまで遊べる。ここまではトウヤ1人で戦う故、体験版以降のリーザと共に戦うバトルは体験できない。ゲームシステムや雰囲気は充分味わえ、リーザを強化してサポート要員として参加してもらうBFも楽しめる。プレイ時間は2.3時間程と結構ガッツリ。エロは敗北やイベントエロ含めかなりある。ボス戦BFでは1枚絵を使ったエロ攻撃も。体験版でも結構やり込める仕様なのが嬉しい。

物語導入 相棒リーザが淫女王に攫われ救出に向かう

主人公はエルフ娘リーザを相棒とする冒険者トウヤ(2人とも名前変更可)。ゲームを開始するとトウヤの夢の中で天使ナタリアに招かる。彼女は近々厄災をもたらすであろう「淫女王」に対抗しうる「適合者」に語りかけているんだとか。ナタリアからの問答がいくつか続き、その答えで初期能力値や所持スキルが変動する様だ。まぁ大勢に影響は無い故適当に答えていいと思うぞ。

夢から醒め、ギルドから請け負った「廃れた鉱山」の調査にリーザと共に向かうも、鉱山入り口で淫女王アニスが現れリーザが攫われてしまう。トウヤはリーザ救出の為アニスを追い鉱山奥に踏み入るが、敵は物理・魔法が殆ど効かない淫魔。適合者であるトウヤの性的な強みを発揮してBFで淫魔を倒していく。

攻略的なことでいえば最初の鉱山は難しい。敵が1体なら勝てるが、2体となると強力な「連携攻撃」を使ってくる故逃げの一手。鉱山では最奥にいるアニスに到達すればクリアとなる故、宝箱等のアイテムを回収しつつ敵シンボルを避けて行く方が効率がいい。アニスまで到達しても倒すことはできないしな。この時点では装備品も乏しく、効率のいいレベリングを行えないのだ。

ちなみに鉱山ではゲームオーバーになっても入り口にいるナタリアのところに戻されるのみ。タダで回復してもらえる故、時間がかかるのを覚悟するなら鉱山でレベリングするのもいいだろう。

鉱山をクリアすると「山奥の村」に行ける様に。貯めこんだお金(魔貨)とSPを消費して装備品を購入、やっとまともに戦う準備を整えられる。

BFかつWTBなバトル 独特なルールが多く戦術性が高い

淫魔の遊戯01
BF画面での行動選択画面 様々な情報が表示され一見わかりにくいがすぐに理解できる

ざっとBF仕様を説明。顔アイコンが表示されているバーが重要。本作はセミRTBであり、BF開始と同時に顔アイコンが左から→へ行動力(素早さ)が高いほど早く流れていく。赤領域に到達すると行動選択。赤領域右端で行動発動。赤領域での流れの早さは行動力ではなく選んだ行動に依存する。行動は↑の「胸責め」等、性技含めたコマンドが全て。スキルは全てパッシブ故↑以外は増えない。

胸責め、尻責め等の部位への性技で攻撃するのだが、「ナースA 胸? 2 3 唇?」等の数値に注目。の部位は弱点、は耐性の高い部位。横の数値は敵の各部位攻撃への警戒度を表す。警戒度が高い程ダメが落ち、5を超えている部位への攻撃はカウンターを喰らう。?はランダム要素。一度攻撃した部位は敵の警戒度が上昇、その他部位の警戒度が下がる。その数値の下のゲージは敵の精力。これらをベースとして以下本作のBFルール。

・精力(左上の350の数値)0で射精、その度に敵はエナジードレインで回復 精力右の射精回数を超える射精で敗北
・精力下の数値は理性 攻撃する度に減少 0で「理性崩壊」 この状態で敗北すると敗北エロが変化
赤領域内の敵に唇または弱点部位への攻撃をキメると敵攻撃をキャンセル、アイコンがかなり←に戻る
・↑のキャンセル含め、ダメ数に比例(?)してアイコンが←に戻る。ノックバック的な要素で、被ダメ時も同様 敵の「必殺」攻撃はキャンセル効果ありで受けると相当戻される
・一度のバトルでの道具使用回数は有限。スキルを伸ばすほど増える
・逃走コマンドは100%成功 屈服コマンドでてっとり早く敗北エロを閲覧(雑魚敗北もきっちりあり)
・敗北しても拠点に戻されるのみ 特にペナルティはない
・製品版ではリーザがBFに参加可能 連携攻撃を使える(敗北しても彼女のエロは無い)

敵は雑魚でもデバフも与えてきたりと緊張感があり、敵の攻撃を潰し行動を遅延させる「キャンセル」を意識した戦術的なBFがめっさ面白い!キャンセル効果がある敵弱点部位への攻撃、唇(キス)への攻撃が基本となる。キスは行動選択してからの発動も早く使い勝手がいい。ちなみにBFでのエロ演出は低めで、真骨頂は敗北エロ。

淫魔の遊戯

育成にはとにかくお金がかかる SPを上手く運用する

トウヤとリーザのマイホームやギルドのベッドの魔法陣で育成が可能。各種ステータス上昇、性技上昇、スキル習得には魔貨を消費する。BFで得られる魔貨は少ないが、魔貨収入源は同じくBFでゲット可能なSPを魔貨に交換、村やダンジョンのツボや本棚を調べて得るのがメインとなる。

街や村の教会でSPを魔貨に交換、SPを直接アイテムと交換できる。魔貨交換レートはランダムに変動、レート平均は10SP=100魔貨。魔貨を得るならSPの方を貯める方が効率がいい。SPはBFの内容で得られる値が変わる。敵への攻撃ヒット数、キャンセル成功数、連続勝利数(逃走・敗北で途切れる)などなど。余裕が出てきたらBFで得られるSPを増やす戦い方を考えるのも一興。

補足情報。必要アイテムを渡すことで依頼をこなし魔貨やアイテムをゲットできるギルドは、宿の役割もある。泊まると、ダンジョン内の宝箱が復活するステキ仕様だ。泊まる前に各ダンジョンの宝箱をゲットおくと攻略がはかどるかも?宝箱の中身はある程度ランダム。

育成の仕方でタイプが変わる 地味だが性技のスキルをあげれば強くなる 

BFでの攻撃方法は「胸責め」「尻責め」「挿入(膣責め)」「唇責め」の4つが基本。育成画面でそれぞれの性技を強化するとヒット数があがり、特に弱点を突いた場合に飛躍的にダメが伸びる。特別な必殺技などはない本作だが、これらの性技を強化していけば確実に強くなる。

勿論、基本ステータスを上げるのも重要で、何を重点的にあげるかで戦い方も変わる。防御重視、一撃必殺、バランス派など。オススメはやはり「行動力」を率先して上げ次いで攻撃力をあげる手数重視タイプ。WTBであるし、行動力重視が優遇されている感じはある。装備品でステ補強可能故、装備品選びも悩んで楽しもう。

本作で習得できるスキルはパッシブのみ。「追撃10%」「牽制20%」「警戒10%」などなど。習得すればBFが確実に楽になっていく。ただし習得魔貨が結構高め故、何から覚えるかをよく考えよう。BF終了毎に精力と理性が少し回復する「休息」といったスキルもあるが、装備品でも賄えたりする。

淫魔の遊戯

初見では有無を言わさず見ることになるエロシーンの数々 エロイ反面悔しい

エロは大別すると敗北エロ、イベントエロの二つか。敗北エロは自分の力が及ばなかった、というある意味「仕方ない」エロでBFでは定番である。が、本作での後者は「突然理不尽に」見ることになる場面が多い。例えば、最初の鉱山で宝箱を開けると眠りガストラップ!そのままエロシーン→ゲームオーバー。ボス戦途中で敵が降参し、選択肢を誤ると即敗北エロ→ゲームオーバーとか。初見では予測が難しいエロ&ゲームオーバートラップが多いのである。

ゲームオーバーペナがほぼない故これでストレスを感じることはないだろう。BFというと敗北エロが通例でありM紳士が好んでプレイする故、これはこれでいいゲームデザインでは。理不尽だが、その先にいぬすく氏の美麗CGの搾り取られエロがあるのだから(笑 ゲームに慣れてくれば見破ることもできそうだ。

エロシーンに関してはROBFに似てるかもなぁ。テキストありのシーンが続き何度か射精した後、テキスト無しで効果音、エフェクトで射精、また射精で徐々にフェードアウトしていく感じである。イイ。

 体験版総合的に

BFがタクティカルで面白かった!リーザと一緒に戦ってみたかったがそれは製品版で、だな。いぬすく氏のエロCGはとてもいいモノで、エロシチュは搾り取られまくりの女性上位なM紳士向け。バトルを含めゲーム部分も大変面白く、M紳士でなくともRPGスキーであれば夢中になれる。前述したがROBFが面白かったのなら、まず楽しめる。ROBFに比べれば育成の幅が限られているかもしれんが、BFの面白さとテンポの良さは本作が上。

夢子「お取扱いサイト様です」
[開発室] の【淫魔の遊戯】DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「開発室様の過去作です」
淫魔の加護淫魔の女王


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *