淫魔の人形 体験版感想・レビュー

淫魔の人形
開発室  BFRPG  1,500円(税抜)
【基本情報】♂主人公(名前変更可) ツクールVXAce製 バランス型 難易度:やや高い
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ9 システム7 没入感8 エロス9)
【ゲーム情報】
シンボルエンカウント セミリアルタイムバトル
デフォルトダッシュ メッセスキップあり(やや遅い) セーブはいつでも

タクティカルBFRPG! 心強い仲間である従魔は諸刃の剣

前作「淫魔の遊戯」はセミリアルタイム且つ戦術性の備わったBFがやり応えと面白味ある
作品であり、本作はそのシステムを踏襲しながら「自由度」を盛り込んだ意欲作。
CGは「いぬすく」氏から変わってしまった様だが美麗であることに変わりはなく。

主人公・アレス(名前変更可)は淫魔ハンターのライセンスを持ちながらも従魔技師
として日々を過ごす青年。淫魔ハンター試験にギリギリ合格した程度の能力では
ハンターとしてやっていけない、そろそろ踏ん切りをつけよう…と最後のつもりで潜った
ダンジョンで強力な従魔をゲッツしてしまう。一つの身体に2人分の魂が宿る未知の
従魔。服従のパートナーである彼女達に「黒」と「白」と名付け(変更可)たアレスは、
「私がいれば楽勝です旦那様!」と、共に上級淫魔を撃破したことで自信を回復、
淫魔ハンターとしての一歩を踏み出す。

複雑なシステムであるからこそ面白いんだが若干敷居は高い。考えるな、感じろ(イミフ
ちなみに敵淫魔は全て♀だ。当たり前か。

淫魔の人形01淫魔の人形02
▲黒と白 立ち絵の位置が逆になる お着替え可能!

「淫魔の人形」体験版では

オープニングで賞金首である上級淫魔(なりたて)のインプを撃破、その他サブクエストを
3つクリア。カード集めや装備集めなどまでやり込むと優に2時間以上は遊べる。
敗北エロも結構な数がある。全部は見れてないが10シーン程度はありそうな…

本作最大のウリであるBF!はちょっと敷居が高い

初BFとなるオープニングの上級淫魔戦、↑の紹介では簡単に勝てる印象かもしれんが。
前作の仕様を忘れているのにも関わらずBFチュートリアルを見ずに挑んだ我輩は
撃沈したorz ゲームオーバーとはならず直前の転送ポイントに戻るだけだが。
BFチュートリアルを入手したらまず見よう!ってハナシだな(笑 強いぞ。
ただそのチュートリアルも情報量が多く、前作未プレイの紳士は右から左に
受け流してしまうかもしれん。

本作のBFでこれだけは抑えておきたいことをまとめておこう。

淫魔の人形00

まずはBF画面の見方だな。左の短いゲージ三本は精力(HP)、上からアレス、黒、白。
黒と白は1体に2つの魂を宿している故、どちらかしか参加できないが、途中交代も可。
BFはセミリアルタイムバトルでラインの赤い部分に到達すると行動可能になる。
そこまでの到達速度は「行動」の値次第。赤部分からは選択した行動ごとの
「行動速度」に依存、右端に到達で行動発動。赤枠のアイコンは敵淫魔だ。

BFでの被ダメはアレスが優先で、黒と白が被ダメを受けることはほとんどないのだが、
彼女達は行動する度に精力(HP)が減る。それも徐々にではなく結構劇的に!
序盤は2.3行動するだけでピンチになる程だ。精力ゼロになってしまうと更なるダメで
コア中破→大破と段階を経て悪堕ち(!)、アレスを攻撃してくるようになるorz
こうなると一気に形勢は不利に。ピンチになったら黒と白を入れ替えるなり、
回復するなり、従魔が倒されない様に立ち回るのが肝要なのだ。
冒頭で諸刃の剣と紹介したのはこのこと。ただこの追いつめられ方はM紳士にとって
タマラン仕様で、大したM紳士でない我輩でさえゾクッとしたものだ。
仲間が戦闘不能になって即寝返るのだぞ!ある意味悪堕ちRPGともいえる。

淫魔の人形03
▲黒に犯される

後はとにかく敵の弱点を突いた攻撃をすることだ。
属性は胸、尻、膣、無属性の4種。弱点属性は赤で表示され、弱点を突いた攻撃は
敵の行動を大幅に遅らせたり、行動をキャンセルする効果がある。
ただし同じ属性ばかり攻撃していると敵のガード率があがりダメが通りにくくなる故、
たまに他属性での攻撃もしてやろう。理想は敵に行動させない封殺。
流石に封殺は難しいが、できた時は素晴らしく爽快で被ダメゼロボーナスも付く。
序盤はとりあえず、アレスは「胸を揉む」などで弱点攻撃、従魔の白の「恍惚の接吻」
で攻撃していくと安定するだろう。

ちなみに敵の弱点と残りHPは常に表示されているワケではなく、
こちらの攻撃時に特技や解放スキルを選んだ際、こちらの行動が発動した際のみ。
この仕様に最初は若干戸惑うかもしれん。まぁ慣れるべし。
もひとつだけ、各種スキルについている青数字は攻撃の速度で高いほど早い。

淫魔の人形04淫魔の人形05

今作から盛り込まれた自由度の高さ

当初は「始まりの町」を拠点に賞金首クエストやサブクエストをこなす。
ハンターの拠点となる町は他にもいくつかある様だ。ハンター協会で得られる
賞金首の情報を元に淫魔を倒し、酒場のマスターからもサブクエスト的な
情報を得られる。これらはただのクエストに過ぎず、倒すとストーリーが進む~
という仕様ではない。本作のフィールドマップは最初からどこまでも開けている故、
クスストを無視して次の町に行くこともできるのだ。勿論敵も強くなるが。
マップはほぼシームレス!建物に入る際もタッタッタ…SEと暗闇なしで
すぐ切り替わるのだ。

ただ本作のフィールドマップはものっそい広い!適当に進むと遭難する恐れがある程。
道標の示す通り道なりに進めば迷うことはないが、道なりでないところにアイテムや
淫魔が住む家やらダンジョンやらがあったりする故、「宝箱だ~!あ、あっちにも!」
と探索しているといつの間にか遭難するのだ(笑 宝箱は何度も復活する仕様であるし。
しかし安心の「転送石」でいつでも町に戻れるし、一度行ったダンジョンに再訪も可。

淫魔の人形06
▲淫魔が隠れ住む家ではアヤシイ罠が(笑

BF意外の要素も敷居が高いが理解が深まるほど面白く!

BF以外でも潜在能力振り分けとかレベル初期化とか従魔の仮想経験値とか最初は
ちんぷんかんぷんな要素多数。あーこれはこういうことだったのか!とひとつひとつを
咀嚼していくのに時間がかかるが、それを良しとする面白味が備わっているのも確かだ。

装備はカードが重要で、黒と白はデフォ同スペック、カード次第でどうにも
カスタマイズできる。複数のカードを装備する程に精力(HP)が減るのが実に悩ましい。
取得EXPアップやお金アップカードは優先して装備したいが精力マイナスがでかい。
特技や解放スキルもカード装備で使える様になり、黒と白の精力(HP)もこれで上げる。
また、BF終了時のリザルト画面、これも最初はさっぱりだが、ターン数や
蓄積ヒット数などが勝利後の経験値とお金のかさ増しに影響することがわかる。
蓄積HIT数を売ってお金に変えることもできるんだが、おいおい覚えていけばいい要素。

カード以外の装備品によるパッシブスキル、反撃、回避、特定スキル威力アップなども
豊富で、装備次第で戦い方も変わるのだ。特にアレスの装備は宝箱からガンガン
手に入る故、新しい装備を吟味して装備に悩む時間も楽しかった。

淫魔の人形07

淫魔と交渉してカードをゲッツ!

カードは敵と交渉して得る。BF中に主人公が「交渉」選択すれば
交渉シーンに入り、精気orお金で交渉した結果怒らせたり逃げられたり、
最悪敗北搾り取られシーンになることもある。運の要素がでかい。
精力を一定以上減らせば有利な交渉に持ち込めたり、交渉を重ねれば成功率はアップ。

BFでのエロ以外にもご用意あり 淫魔娼婦館

本作の敗北エロはパターンが多く、アレスにトドメをさすのが敵か、悪堕ちした従魔か、
それぞれも数パターン存在する。「堕落の首飾り」装備で簡単敗北とはいえ、
全部見るのは結構大変かもしれんぞ。
敗北エロの搾り取られ回数はROBFシリーズより上の5.6回。フェードアウトがやたら
長く、その間もドピュドピュする故ものっそいねっちこくエロイ描写だ。
BF中に敵の必殺攻撃を食らうことでもエロ。

BFの他、倒した淫魔とエロ出来る淫魔娼婦館も!ここでは淫魔の表情や背景などの
カスタマイズも可能で、お好みの敗北エロを見られる。
ただここの淫魔はBFとはセリフが異なり、アレスを虜にしようとするのだ!

淫魔の人形08

体験版総合的に

重箱の隅をつつくなら、装備品が増えるとどれがどれだかわかり辛い、
BF時のアイコンが重なり合っていると従魔かアレスかどっちの行動かわかり辛い。
しかしそんなものは犬にでも食わせてしまえ!という程のBFのやり応え、育成の自由度、
攻略の幅、エロスなどどれも高水準でまとまった良作である。
BFを含めたコンフィグが豊富、白と黒の着替え要素など、紹介できていない要素は
まだまだあり、普通のRPGとは一線を画した噛むほどに味がでるスルメの様な一品。
以前ボヤ騒ぎがあったものの、実力あるサークルさんの作品は売れるのだ!

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「開発室様の過去作です」
淫魔の遊戯 淫魔の絆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *