六人のならず者と異国の姫君 体験版感想・レビュー

六人のならず者と異国の姫君
Z印  RPG  300円→100円(期間限定)
【基本情報】♂主人公(6人PT全員が主人公) ツクールVXAce製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム8 没入感7 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 4vs複数
逃走コマンドやや逃げにくい タルやタンスアイテムなし
Shiftダッシュ(オプションで変更可) メッセスキップあり セーブはいつでも
UI独創性:普通 バトル独創性:普通

6人のならず者PT再び 七夜姫を犯せ! 和風短編RPG

魔術師と6人のならず者」の続編にあたるRPG。
勇者などが属する光の勢力、魔王率いる闇の勢力が拮抗し、世界各地で争う世界。
底辺の輩であるはずのならず者6人のPTが、高名な魔術師達を次々と撃破し陵辱の限りを
尽くした事件は全世界に知れ渡ることとなり、世界を震撼させた。
闇勢力の有名人となったならず者PT、次なるミッションを魔王直々に言い渡される。
「東方の島国の姫・七夜をヤレ」
かくしてならずものPTは姫の屋敷へと踏み込む…という短編RPG。

六人のならず者と異国の姫君
ゲーム設計としては前作「女騎士さま危機一髪」の「もっと手軽にRPGを」という
コンせプトを継承しつつ、ボリュームはそこそこ。魔術師と~後のならず者PTと
いうことで全員Lv30からスタート。七夜姫を目指し警備兵やトラップを掻い潜り
謎解きこなし和風屋敷を進む。屋敷に潜入している忍者のナビゲートを頼りに。

PTは騎士系、格闘系、シーフ系、回復系など6人いるが、戦闘に参加できるは4人、
適宜入れ替えて戦う。レベリングは特に必要ないが、ボス戦を考えると高いに
越したことはない。宝箱からは装備品も手に入る。敵シンボルは動きは遅いが数が多く、
避けられないこともしばしば。ザコ敵は全てオリジナルグラ、多い場合で5.6体出現、
全体攻撃を交え全力で戦えば2.3Tで倒せるが、全回復できる宿やクリスタルがない。
店の概念がないのだ。稀に現れる♀敵(くノ一など)を倒すことで捕縛、アイテムとして
使うとエロシーンを挟み全回復可能な仕様だ。陵辱で全回復するの素敵PTなのだ(笑
宝箱から得られる回復アイテムでも回復可。

六人のならず者と異国の姫君

姫に辿りつくまでに中ボスとしてくノ一・葉月、妖娘・冥が立ちはだかる。
HPがクソ高く、特徴ある攻撃を仕掛けてくる。PT編成、使うスキルにより攻略難度が
大きく変わるボス戦でありDQライク。すげぇ戦い応えがありこの辺は流石であるなぁ。
バフを使いつつ、敵のバフを打ち消す魔法を仕掛けるべし。

六人のならず者と異国の姫君
六人のならず者と異国の姫君01

体験版総合的に

体験版では最初の中ボス・葉月を倒して犯すところまで、謎解きは大したことはないが、
後半は相当難しい模様。まぁサークルさんのブログに正解が書いてある故、どうしても
わからん紳士はどうぞ。リーダー気質、筋肉バカ、インテリなどそれぞれ性格は違えど
女を陵辱することに命をかける6人のならず者達、まっとうな(?)紳士であれば
ある意味感銘を受ける気概を感じ取れるRPGだ。

撫子「こんな嗜好の紳士におすすめかなぁ?」
陵辱 和風ヒロイン ヒャッハーならず者カッコイイ

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *