ミリィと夢魔の夢 体験版感想・レビュー

ミリィと夢魔の夢
く~るシスター  RPG  1,200円(税抜)
ミリィと夢魔の夢-imp

夢魔の呪いを解呪する秘薬を求め♀魔道士が旅に出るオーソドックスRPG

毎晩オナニーしないと解消されないほど性欲が溜まってしまう♀魔道士・ミリィが主人公。友達の医者に診てもらうと、ミリィは「夢魔の呪い」にかかっているという。厳密に言えば淫魔が夢の世界を通してミリィの魂をのっとろうとしている状態。胎内に精力を受ける程に魂の浸食は早まってしまうらしい。呪いの解除には「退魔の秘薬」が必要ということで、まずはその分野に明るい医者を紹介してもらい、海を渡り島に行くことに。

ゲームとしてはオーソドックスエロRPG。コレと言って変わった要素はないが、強いてあげるなら主人公が魔道士だということ。故に魔法メインの戦いとなる。バトルでは弱点属性を突いた攻撃、またはデバフ付加効果を上手く使っていくのが攻略の早道となる。アーマーブレイクも2段階あり、被ダメではなく「AP」の減少で服が破れていく。破れる程に被ダメが大きくなり、なかなかにやり応えと戦術性のあるバトルが面白い。エロは「性欲値」がフラグとなるイベントと、ボス敗北がメインだろうか。

「ミリィと夢魔の夢」体験版では

島に着き街で件の医者を訪ね、秘薬の素材を得るためにグレーティアというお偉いさんに会えと。森ダンジョンを抜け、グレーティアがいる温泉の村に着くと入れ違いに。で、また街に戻って報告すると終了。途中、装備品の得られる寄り道的な短いダンジョンもあったり。プレイ時間は1時間かからない位か。

基本はグラングリムの街をメイン拠点としてお使い

オーソドックスRPGといえばお使い。故に本作はお使い消化を基本に進めていく。が、ある程度進めるとギルドの依頼を受けられるようになり、寄り道もできるように。またお使い途中に寄り道ダンジョンがあったりもして、それなりに寄り道も用意されている丁寧な設計である。その他、明らかに取れそうにない場所に宝箱があったり。こういう要素は単純にwktkしゅる!

ミリィと夢魔の夢

お金は敵より宝箱からゲットがメイン

人型の敵はお金をそこそこ落とすが、その他モンスター型の敵はお金を落とさない。街中や探索途中にはわかりやすいところ、わかりにくいところに宝箱等がある故、それらをどれだけゲットできるかでお金の運用は変わってくる。ちなみに体験版範囲では装備品にそんなにお金はかからず宿もめっさ安い故、お金はダブつきがちだった。

バトルがなかなか面白い! そこまでシビアではないがやり応えのあるバランス

ミリィは魔道士故にいろいろな魔法が使える様になる。体験版範囲でも8種類&打撃TPスキル1種。属性攻撃魔法に加え回復系も覚える。バトルでは敵の弱点属性を突くのも重要だが、各属性魔法に付随するデバフ効果も有用。

・フレイム   消費MP28 敵単体に炎属性ダメ&デバフ「燃焼」を付随
・アクアボム  消費MP22 敵単体に水属性ダメ&デバフ「魔法耐性ダウン」を付随
・ライトニング 消費MP58 敵全体に雷属性ダメ&デバフ「麻痺」を付随

ミリィのMPは結構多め故魔法を連発できるが、長期探索となるとやはり殴る等で省エネする必要もある。弱点を突くのもいいが、各魔法のデバフも上手く使いたい。例えば開幕アクアボムで魔法耐性ダウンを付加し次ターン以降の魔法ダメを通りやすく。HPの高い敵には燃焼で継続ダメ。敵HPはバーで表示されている故、残りHPが少なければ殴るなど戦い方は工夫しよう。

もうひとつ、他RPGにはあまり見られない特徴。「アンチドーテ」は毒を取り除いてくれる魔法だが、予めかけておくと毒耐性を得ることができる。デバフ回復魔法で予防できるのだ。「アンチパライズ」も同様。不可避な麻痺をしてくるボスにはこれで。

アーマブレイクは被ダメではなく「AP」値で

アーマーブレイクというと被ダメで発生するのが一般的だが、本作ではHPとは別の「AP」という値に影響される。APは装備している服により異なる様だ。デフォの「ミリィの服」では25。敵からの攻撃を受けるとランダム(?)でAPが1減少。ある程度減ると1段階目のアーマーブレイク。更に減ると2段階目。服が破れる程被ダメがデカくなる故、1段階破れたら「再生の結晶」を使ってAPを全快させることをオススメする。アーマーブレイクによるエロフラグはないっぽく、単純に立ち絵がエロくなるだけだと思われる。…いや、グラングリムの街に入る際は服が破れていると入れなかった故、どこかの村などではエロフラグになっているやも…

ミリィと夢魔の夢

宿で泊まるごとに性欲値5アップ 夜パートあり

宿に泊まると夜パートに突入。最初に性欲値が5アップし、そのままベッドに向かうとオナニーする(性欲値-5)か、我慢して寝るか、宿内を探索するかを選択。性欲値を上げないプレイをするならオナニーして寝るのがいいだろう。そうでないなら我慢して寝る。そうして性欲値が50まで溜まると「侵食Lv」が2にあがるっぽい。憶測なのは、体験版では性欲値が45までしか上がらなかったからだ。おそらく50であがり、いくつかのエロイベントが解放されると思われる。

各街、村のエロイベント以外に各宿内での夜パートでもエロイベントがありそうだ。体験版範囲では、温泉村の夜パートで宿内には混浴露天風呂があったり、宿から続くストリップバーがあったり。あれこれ想像するに難しくない。

ボス敗北エロあり。そのままゲームオーバーだが。雑魚戦はエロなしでゲームオーバー。

体験版総合的に

全体的に丁寧に制作されたRPG。BGMはバトルを含め聞いたことのないカッコ良さげなモノが多く、UIも多少凝っている。マップの霧や明暗演出などなかなかやれている作品は少ないのでは。シナリオ的にはお使いの連続っぽくあまり自由度はないが、寄り道がそれなりにある。おそらく見た目の期待を裏切らないRPGだと思うぞ。魔道士ミリィのムチムチバディも食指をソソル。

要は性欲値をどんどんあげてエロフラグを解放しエロエロな道を行くか、ひとりオナニーにいそしんで性欲値を上げないプレイをするか。エンディングは複数あり、周回プレイにも対応だ。処女クリアは無理。何故なら最初から処女ではないからorz

そうそう、いたるところにあるクリスタル、触っても反応なしで気になったがおそらくストーリーを進めると移動手段になるのだろう。それを含めると遊びやすさは十分だが、格下の敵から逃げるは100%なのに同格(?)の敵からは全く逃げられないのはテンポを損なっているのでは。もったいない。敵シンボルは避けやすいのも多いが、避けられないのもいるしな。

夢子「お取扱いサイト様です」

夢子「く~るシスター様の過去作はありません」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *