ドット調教SLGターニャ 体験版感想・レビュー

ドット調教SLGターニャ
日本戦争ゲーム開発  調教SLG  900円(5/15迄)→1,200円(税抜) CV:五十嶋亜子

ドット絵調教SLG 過去作に登場した女将校が囚われの身に

へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!~ R18Ver1.5」「ばるばろっさ! ~すすめ? 赤軍少女旅団~」に登場した女将校・ターニャが敵に捕われ、調教されるSLGである。ドット絵アニメがメインで、1日に6回調教を行うことが可能。調教コマンドは12種程で、マ〇コ、アナル、マゾ、奉仕、の何れかのステがLv4になるとエンディングを迎える様だ。短編調教SLGだな。

「ドット調教SLGターニャ」体験版では

1日目の調教が終わると終了。ステータスは前述の前、後、マゾ、奉仕と淫乱、濡れの6種と調教SLGとしては少な目。

そもそも調教SLGとは何だ(今更

同人DLにおいては昔から細々と連綿と続いている調教SLGというジャンル、そもそもPC98とか88とかMSXとかソフト容量が少ないハードの静的CGにステータスの変動を加え、レトロな中にも動的なゲーム性を!という何時間も作業を重ねてステータスと見た目の変化を楽しむジャンルだった。しかし近年の同人DLではドット絵アニメが流入、ステ変化を楽しむのか、ドット絵アニメを楽しむのか、という作品が増えた。本作は正に後者のタイプの作品で、しこしことすこーしずつステを成長させてエンディングの変化を楽しむというよりは、日々の調教のドット絵アニメ変化を楽しむタイプ。
クリックで触ったりもできる。胸なら揉む、口ならキスなど拘りのリアクションアニメを搭載。
ドット調教SLGターニャ01

1日の最初にコスチュームを選ぶ 故に調教アニメが被りにくい

調教開始時に裸を含め5種からコスチュームを選ぶ。故に、毎日の調教が作業になりにくい工夫がされている。まぁプレイヤー次第だが、昨日セーラー服を選んだら次の日はOLスーツとか別のにしたいだろう?そんな感じで別のコスを選んでいくと毎日新鮮、という。
体験版は10分かからん程度、製品版でも1時間程度の調教SLG。ムチやスパンキングなどソフトリョナ要素もあるが、かなりソフト。あとな、ステータス「濡れLv」で触った際の反応が変わる様だ。また、正常位、アナルセクロスを選んだ際の反応も変化。

ドット調教SLGターニャ02

収容所所長(調教者男性)の声が気になる

ターニャを拘束し、12種のコマンドで調教するのはプレイヤーの分身である敵方の収容所所長。フリーザの真面目verみたいな声で、かなりよくしゃべる。(どっかのwebで聞いたことがあるような;)個人的にはoffにしたかったんだが、男性CV offができねぇorz プレイ前の会話を中止するオプションを実行したらだいぶマシになったが、それでも本番プレイに男性CVはつきまとう。ドット絵メインの調教SLGで男性CVっているか…?少なくとも我輩はいらん。男性CVありの場合、男性CVOFFスイッチがデフォだと思うんだが…シーンスキップも可能だが本末転倒であるしな…
と思いつつよくよく考えたら、本作はテキストウィンドウが一切ないジャマイカ!俗にいうフルボイスな仕様で、それはそれで嬉しいんだが、それでも男性CV部分はテキストにしてほしかった。ここに拘るのは我輩だけなのか?

ドット調教SLGターニャ
▲こんな拘りのドット絵差分も用意されている

体験版総合的に

ドット絵調教アニメは良くできているとは思うんだが、じゃあそれが進めるモチベになるかと言われると微妙…か。1日6回調教してはい、終わり。ステの何れかが4に達するとエンディングらしいが。結局ゲームとしてなにをさせたいのかがよくわからなかった。拘りのドット絵アニメを見せたいのか、コスチェンジで作業になりにくい調教SLGにしたいのか。Unity製だけにちょっと重いしな…
とはいえクオリティの高いドットアニメーションであることに違い無く、ドットアニメシミュレーターとして見ればお手軽で使いやすいのかもなぁ…

【体験版評価】7.0/10点 (面白さ5 システム8 没入感7 エロス8)

<追記>
オプションから男性CVのみをカット可能になった様だ。む、オカズとしてぐっと使いやすくなったかも。↑の体験版評価、システムに加点1させてもらった。何気にAndroid対応。

撫子「こんな紳士にオススメかなぁ?」
調教 ドット 着せ替え

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *