ドットアニメ町中探索ゲーム 茜町物怪録 体験版感想

ドットアニメ町中探索ゲーム 茜町物怪録
Sprite Hills 非戦闘系探索RPG 1,000円(税抜き) CV:喘ぎのみ
ドットアニメ町中探索ゲーム 茜町物怪録-impression

■10種を超えるドットアニメ!バトルなしの探索型RPG

WOLF RPGエディター製のRPG風の探索ゲーである。♀ヒロインを操りフラグ回収に奔走しつつ、事件(?)に出くわしたらアイテムを使って脱出?とある故、若干のアクション要素もあるのかもしれん。なんにせよ、戦闘ナシでさっくり遊べそうな雰囲気の作品であるな。

事件(?)脱出に失敗すると待望のドットアニメエロシーンになる様だ。詳しいことはわからないが、輪姦や触手、異種姦、スカトロなど様々なシチュのドットエロが用意されているとか。その数10シーン以上。

ドット絵スキーの紳士を狙い撃ちにしていることは間違いない。ヤベェ!タゲられた!と思った紳士は素直に体験版をプレイしてみよう。ウディタ製故、RTPのインストールは不要。

■「ドットアニメ町中探索ゲーム 茜町物怪録」体験版では

体験版ではエロシーン2+3個目途中+αまで遊ぶことができた。ストーリー展開にぐいぐいと引き込まれ、期待以上に面白く遊べたぞ。体験版としてはボリュームも結構ある。

■事件(?)と言ったが、ねえさん、これはやっぱり事件です あと伝奇

ヒロインの女子校生・彩が住む町は都会でもなく、田舎と言う程でもない、どこにでもありそうな町である。ある日、町を大きな地震が襲った。幸いこれといった被害はなかったが、その日を境に、町から行方不明者が出始める。それだけでなく、日を追うごとに町の治安も悪くなっていく。彩の友達である真希も姿を消してしまい、彩は彼女を探し出そうと行方を追うことに。

こんな導入である。ゲームの舞台となるのは、学園とその敷地内、町の中心にある十字路、その東には公園、コンビニ、西には自宅と交番、神社と森、南には地主の屋敷。これだけっぽいのである。故に探索ゲーとはいえ、移動範囲は狭く時間はかからない。

ゲームの流れはとにかくNPCと話したり、調べたり、アイテムを入手したりでイベントフラグを立てていく。フラグが立つとゼルダ的なメロディ♪が鳴る故わかりやすい。イベントをこなしたり、自宅のベットで寝ると次の日。自宅での朝イベント後、放課後の学園から探索開始となる。イベントの中には日を重ねないと進展しないものも。セーブは自宅か、十字路の祠で可能。本作にメニュー画面はなく、Xはアイテム確認のみ。

■イベントでは事前準備と正解選択肢の両方必要 失敗=エロ直行=ゲームオーバー

イベント(事件)では、そのイベントで提示される二択の選択肢で正解を選ぶことで解決することができる。イベントによっては、その為のアイテム所持が必要だったり、事前に準備しておくことが必要なこともある。

例えば、一番最初の変質者に襲われるイベントでは、防犯スプレーの入手が必須。次の不良に絡まれイベントでは事前に体育倉庫の扉を開けておくことが必要。しらみ潰しに探索しておけば難しくはない。が、3つめのイベントはちょっと難しい。

各イベントで失敗すると、そのままドットアニメエロシーンに突入。その後ゲームオーバーとなる。いわゆるバッドエンドだ。思っていたより謎解き要素があり、ヒントもキチンをしているのが好印象。

ドットアニメ町中探索ゲーム 茜町物怪録

■ドットエロアニメはかなりクオリティ高い!こいつ、エロいぞ!

本作のウリであるドットアニメのエロシーンは、期待以上にエロイ!画面全体を使った各イベント毎のドットエロで、クリックするごとに吹き出しセリフで進んでいく。喘ぎのみだがCVあり。アニメもドット絵も非常にエロく、シーン尺もこのテのドットアニメとしては長めでエロシーンとして成立している。おっぱいもブルンブルン。デカめのドットキャラをフルに堪能できるハズ。ドット絵としては粗過ぎず、細か過ぎず、SFC位だろうか。いいぞコレ!

■体験版総合的に

それなりに解き応えのある謎解きがイイ。ヒントもきちんとあるが、難しめな謎解きもある故、キャラのそれっぽいセリフはよく注意して考えるべし。そういう意味ではライトなプレイ感覚ではないが、クリア自体にそれほど時間はかからんだろう。

エロ3シーン目までで3~40分位だった。そのイベントをクリアすると話の全貌が見えてくる展開。エロもきっちりドット絵スキーの期待に応えてくれるハズ。オススメだ。体験版を是非どうぞ。スカトロは体験版にもある一部シーンのみ、ぶびゅっとでる。灰色でスカトロ感は低い。

<追記>
現在Ver.1.1.0 やほう!おまけシーンが追加されたぞ!

<本作の販売DLサイト>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *