ダンジョンに挑む者たち 体験版感想・レビュー

ダンジョンに挑む者たち
MuMu-Factory ACTRPG 900円(税抜)
【基本情報】♀主人公 その他製 バランス型 難易度:やや難しい
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ9 システム8 没入感8 エロス7(要スカトロ))
【ゲーム情報】
Z…ショット X…ジャンプ C…アイテム欄表示 V…「?」を調べる・店に入る
エロシーンスキップあり セーブはたまにあるセーブポイントで ロードはいつでも

エロはスカトロ排泄のみ 味わいある古き良きACT!

ちょっと類を見ない遊び方や見せ方でスカトロ排泄をドットアニメで描く
サークルさんの横スクACTRPGである。このサークルさんの純粋な横スクACTは
何でも屋のリナレア」以来。リナレアは非常にシンプル操作で地味なACTながらも、
「ACTはシンプルでも地味でも良く練られた程よいバランスさえあれば十分」と
再認識させられた作品で、スカトロドットアニメだけでなくゲームセンスも光るものを
もっているサークルさんだ!と個人的にファンになった。

相変わらずエロは糞・尿排泄だけだが、どうやら本作ではそれをゲームシステムに
組み込んでいる模様。また、ステージクリア型の前作より手の込んだシステムや
ゲーム設計になっていそうだ、と期待値ハードル高めで体験版プレイ。

ダンジョンに挑む者たち01
ダンジョンに挑む者たち02
▲Cキーでアイテム欄を開く シンプルな村マップは往年の横スクACTRPGっぽい

体験版プレイ記 地味だわ~しかし楽しい!

主人公・エリーは卒業試験としてダンジョンに挑む。最奥のボスを倒し証を
ゲットすれば無事学園卒業というオープニング後、村からゲームが始まる。
どうやらここを拠点としてダンジョンに潜る様だ。村には武器防具屋、道具屋、
食料店、宿屋がある。店のドアについている「?」でVキーで店に入れる。
Vキーはダンジョンにある「?」ポイントを調べる際にも利用する。
武器防具屋を覗くと現時点では買えない武器や防具がズラリ。武器防具は1種ずつ
装備でき、レベルアップによる成長要素も加わっている。

とりあえず防御力は大事だろと、皮の手袋だけ購入。武器屋で売っている武器は、
デフォ装備の投げナイフより連射性能が高い軽量ナイフ、3方向ショットのくないなど、
攻撃力だけでなく特徴も異なり、場面によって使い分けると攻略が捗るのか、と予測。
アクションはやや魔界村チックかなぁ。

ダンジョンに挑む者たち03ダンジョンに挑む者たち05

村を右に進みダンジョンへ入る。全10階層のダンジョンらしく、体験版では2回層クリア
まで。1階層目に出るザコ敵はゾンビとコウモリ。ゾンビはゆっくり徘徊しているだけ、
レベル1では3撃当てないと倒せんが、レベル4になると1撃だ。このゾンビ、リナレアでも
序盤のザコだったなぁ。コウモリはややヤラシイ軌道で迫ってきて移動速度も早く、
逃げても追いかけてくるが、Lv1でも一撃で倒せる。↑+Zで上方向ショットを使うと
楽に倒せるな、と学習しつつ進む。

特に難しい場面もなく1回層のボス、スライムまで辿りつく。脅威的なジャンプ攻撃と
耐久力を誇るが、4発ほどショットをあてるとノックバック、距離を保ちタイミングよく
ショットを当て続け、ノックバックさせながら戦えば楽勝だった。
ふん、どうということはないな。

ダンジョンに挑む者たち06

ここまでで感じたのはジャンプはちょっと慣れが必要かもなぁと。本作のジャンプは
方向キーや押し方による高さの加減や軌道修正ができず、一度飛ぶと着地点まで
いくしかない。飛んだ先に敵がいると「あ”ー」まぁ滞空中は⇔攻撃や↓攻撃ができる故
冷静に対処、してもどうにもならんことも。凹を跳ぶ際は対岸に敵がいないか慎重に。
ちょっとした凸に上る際もジャンプ地点を調整せねばならず、やや難度をあげているか。

ダンジョンに挑む者たち04
▲HPなどのゲージがピンチになるとアイコンで知らせてくれる

2回層目に入ると、先程まで1撃で倒していたゾンビが2撃当てないと倒せない様に。
なるほど、同じ敵でも深い階層ほど強くなるのか。それくらいやり応えがなくてはな…!
きゃつらを蹴散らし進んでいくと、1階層目に比べ高低差がありジャンプを多用する
マップだとわかり、空中に点在する床から落ちると下のフロアに1回層のボスだった
スライムが2匹同時(ザコ扱いだが1回層で戦った時より強い!)にいて超苦戦したり、
ダメのデカい針の床ギミックが登場したり、突進突きをしてくるスケルトンなどの
新手が出現など、いやぁやり応えと面白さがじわじわ!スライムなんて高台まで
ジャンプで追ってくるのにはたまげた!スライムのクセに!

さて、なんとなくお気づきだと思うが、本作でのアクションはZのショットと
Xジャンプのみだ。サブウエポンはおろかスキルとか必殺技なんてものはない。
リナレア同様、全体的な動きはややもっさり、非常にシンプルで地味~なのに…
やっぱり面白いんだなぁ。古き良きレトロアクションの良さが詰まっている!

ダンジョンに挑む者たち11

ええ塩梅の敵の攻撃や配置、一定時間で敵が復活する仕様、新手のザコやボスと
対峙した際の「なんかキタ!」という緊張感、即死穴は無く針の床などいやらし
過ぎない適度なギミック、進むほどに拡がりを見せるダンジョン構造、
メインルートから離れた場所にある宝箱を発見した時の嬉しさ。総じて、
「そうそう、こんなACT遊びたかったんだ!」と思わせるツボを突いており、
やはりサークルさんのセンスはタダモノではないなぁと。

成長要素や後述のシステムの追加により、正しく面白く進化を遂げている。
ちょっとわかりにくかもしれんが、モンスターランド(ビックリマンワールド)や
カダッシュ、Ys3といった名作ACTの「くそう、難しい、もう1回!」とリトライを促す
面白味がある。2階層目でさえそれなりのやり応えがある故、最終10回層なんかは相当
手強そうだ。サークルさんブログコメント欄にも「ラストムズイよ!」とあったしな。

ダンジョンに挑む者たち07
▲ダンジョン内トイレ

スカトロ要素はエロだけに非ず 生理現象は探索中にも影響

画面左下ゲージで表示されている「渇き」と「飢え」「尿意」「便意」のステータス。
これらは「はやく攻略せねば!」と焦らせる時間的な縛り要素となっている。
渇きと飢えがゼロになるとエリーは倒れてしまい、尿意と便意はMAXになると漏らし
てしまい、どちらも村に戻されてしまうのだ。ゲームオーバーはない。
あれ、尿意と便意?最近、似たようなゲームを遊んだような気もするが…さておき。

我輩、説明書をよく読まずに遊んだ故、最も溜まりやすい尿意が限界近くになり、
「とりあえずおしっこ漏らし見とくか」と安易に構えていたのだが。
なにぃ!お漏らしでも村に戻されるんか!な、何故…orzと浅はかさを反省した。

ダンジョンに挑む者たち08

渇きはたまにある水飲み場で回復するが尿意が上昇、そこそこ生えている
キノコや特定の敵がランダムに落とす肉を食えば飢えを少し回復できるが便意が上昇、
どのゲージも時間と共に緩やかに変化、つまりこっちも気を抜けないのである。
尿意と便意は偶数階層にある「トイレ」で解消できるが、下層に行くほど広くなる
マップでトイレを探し当てるのも楽ではない。よって村の店で買える、携帯食糧や水、
携帯トイレも徐々に必要になってくる。

序盤はガンガン進むよりも、村近くの1階層でお金を稼ぎ、前述の消費アイテムや
後述の便利アイテムを揃えると、快適に探索できるだろう。ただ、下の階層ほど
稼ぎが良い故、腕に自信のある紳士はガンガン進んでいいかも。
ちなみに改めて1階層目から挑むと成長によるオレ強エェ感を味わえていいぞ。

ダンジョンに挑む者たち09
▲セーブポイント

序盤から揃えておくとかなり便利なアイテム

店のアイテムには探索を便利にするアイテムも。例えば「コンパス」はトイレの位置を
示してくれ、「磁石」は敵を倒すとぶわっと飛ぶお金を自動でバキューム、釣り竿は
アイテムをバキュームする。特にお金バキュームは、同じ仕様だったリナリアで
いちいち集金するのが面倒と思った短所をアイテムでカバーしているのが好印象!

この他、被ダメ時の無敵時間を増やす「お守り」、HPを徐々に自然回復する
「癒しのピアス」など持っているだけでバフ効果のあるアイテムや、階層間を移動
できたり、一定時間無敵になる消費アイテムも。最初に癒しのピアスを買うのが
オススメ。回復アイテム購入のお金を節約できる。

ダンジョンに挑む者たち10

エロは排泄スカトロのみ これがなかなか…

エロはトイレでの排泄と尿意・便意がMAXになってのお漏らしのみ。
トイレでの排泄と携帯トイレの排泄は別シーンで、また尿だけか、糞だけか、
或いは両方かでシーンが異なる。ゲージ50%以上でないと排泄不可。
同時に表示される小ドットアニメは紙で股間を拭く、短パンを履くなどの
細かいアニメまであり、芸が細かい。

体験版では全面モザイクで鮮明なアニメは見れんのだが、なんだろう、
これはこれでエロイ様な… サバイバルなダンジョンで戦いに身を投じるヒロインが
急におしっこ、う○ちなドットアニメシーンは生々しくていいなぁ…
メインは主人公のエリーだが、後々仲間になるキャラも排泄あり!

ダンジョンに挑む者たち

体験版以降は一緒に戦ってくれる仲間も

製品版ではエリーに追随し、一緒に戦ってくれる仲間キャラも。
魔法使い娘・ブリジットは必ず仲間になり、水の精霊娘・クレスタとガーゴイル娘・
グローリアはどちらかしか仲間にできない様だ。最大3人PTになる。

体験版総合的に

スカトロは人を選ぶがACTとしてかなりのいい!派手な演出あるスピーディACTも
勿論いいが、古き良きノスタルジィなACTの面白さに浸らせてくれる良作。
スカトロ要素を「その日暮らし」の様に上手くゲーム
システムとして融合した作品だ。この要素がなくとも十分面白いが、このテの縛りは
程よい緊張感と攻略性をもたらしてくれる。サークルさんHPに攻略情報あり。
しかし…くそぅ、これでまたスカトロの扉がまたちょっと開いたじゃないか!

<追記>
VerUPで難易度調整に関してなんらかの救済措置がある模様。

撫子「こんな嗜好の紳士におすすめかなぁ?」
スカトロ排泄 ドットアニメ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *