ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~ 体験版感想・レビュー

ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~
ルクスソフト  ローグライクRPG  500円(税抜)
【基本情報】♀主人公(名前変更可) ツクールMV製 バランス型 難易度:やや難しい
【体験版評価】7.0/10点 (面白さ8 システム6 没入感7 エロス–)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制オートバトル 1vs1
逃走コマンド無し タルやタンスアイテム無し デフォルトダッシュ
メッセスキップあり セーブは村でのみ 戦闘DEエロ:無し エロステ:無し
UI独創性:やや高い バトル独創性:やや高い

体験版でクリアまで遊べるローグライクRPG エロは製品版で

魔王♀(前作の主人公)に城を奪い返された竜王♀が主人公、ツッコミ役の子ドラゴンを
お供に安住の地を求め人間の村に辿りつく。が、その村は竜王が落としたドラゴンオーブ
(竜に変身するアイテム)でパワーアップしたゴブリン達に攻められており、
竜王はドラゴンオーブを奪い返すべくゴブリンの棲み処に潜る、という。

ほぼローグライクよ 見た目に反してやり応えと緊張感がある

移動時は通常RPG同様の敵シンボルエンカウント制、戦闘がオートバトル(逃げられない)
だが、ダンジョンは自動生成(数種類あるマップからランダムで選ばれ宝箱や罠、敵配置は
完全ランダム)の「行って来い」仕様、空腹度(アイコン表示がカワイイ)や敗北で
全アイテムロスト、村に戻される。レベルは村に戻る毎に半分になる。

何度も挑んで少しずつ能力値底上げ、脱出アイテムを使ってアイテムを持ち帰るのが
基本だが、期限が30日と決まっているのがクセモノ。初回はダンジョンが何階層目まで
あるのかわからん故、何日でどの階層まで行けば順調なのか、手探りで進めるしかない。

ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~

逃げられないオート戦闘でもザコのつもりで挑んだら強敵だったり(特に3階から出現する
ミニゴーレムが序盤の鬼門)と、敗北=アイテムロストの機会が多く(倉庫がなく
毎回全アイテムを持って潜る仕様)、空腹度、腹痛を起こす食べ物、罠など、
見た目と物語や演出のユルさに反し緊張感と難易度が高い。
ダンジョン脱出アイテムが店売り1000と高く、それを当たり前に買える資金力を
得てからが本番といえるだろう。そこまでの序盤が一番難しいかと。

最初は難易度ノーマルで遊んだがレベリングが満足にできずほぼ詰み。ヘタレな我輩には
イージーで遊んで丁度エェやり応えだった。敵が稀に落とす「お年玉」を使うと
現在のレベルに応じてお金をゲットできるんだが、万単位で入手できて一気に楽になった。
宝箱からは稀にミスリルソードなど強力な武器を入手できたりと「稀に出る有用アイテム」
を掘りあてるごとに余裕が出る設計なのかなぁと。まぁ持ち帰ってナンボですがね。

ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~

ガチャで装備品やアイテムを揃えよう

前作同様ガチャもあり、一日一回は無料、ガチャチケットを入手すればさらにまわせる。
体験版ではエロなしイベントをいくつか拝見でき、製品版ではエロもこれで出す様だ。
最強武器も確率で最初から入手でき、我輩は1回目にひいてしまい戸惑った;
バランスブレイカーな武器だった故封印、こんぼうから遊んだのがこの感想である。
ちなみにガチャ以外にも、毎日無料でアイテム入手可能な箱や自宅冷蔵庫なども。
ダンジョンに潜る前には忘れずに。

ツクールMV製につきまとう壁

ただなぁ、難易度以前に一番の問題は、しょっちゅう画面が固まる;実際のプレイ時間の
倍程度の時間がかかった。我輩のPCスペックにも問題があるのだろうが、VXACE製で
重いと感じたことはないし、この程度のスペックPCで遊んでいる紳士はゴマンと
いるハズだ。MV製ゲームはこの辺りの対策を視野にいれないと、折角内容がよくても
人気が伸びないんじゃなかろうか。最近だと、ルさんちまんさんの「王女アイリス~」、
ダンボールマンションさんの「ダンジョンパーティー」は、MV製なりにしっかり
対策されていてほとんど固まることはなかった。

体験版総合的に

重くなかったらクリアまで遊んだであろう面白さは充分。ローグライクなUIや
村での継続イベントなど作り込みも感じられる。故に体験版をさわってみて
重くない紳士には激しく体験版を推奨。エロはないが面白いしと断言できる。
CGも結構多くコスパもかなりイイ。固まらなかったらなぁ…

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
体験版を遊んで重いと感じないPCスペック ロリ モンスター娘 コメディ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「ルクスソフト様の過去作です」
たままお ~乗っ取られた魔王城を取り返せ~ ■体験版感想記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *