おねショタ剣戟ACT パレードバスター 体験版感想・レビュー

おねショタ剣戟ACT パレードバスター
excess m マウスRPG 1,500円(税抜) CV:スパイス程度にあり
【基本情報】♂主人公 ウディタ製 バランス型 難易度:やり応えあり
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ8 システム9 没入感8 エロス9)
【ゲーム情報】ノンフィールド 主観視点RTB マウスのみでプレイ可
ショタ1人vsおねいさん複数 逃走コマンドなし メッセスキップあり
セーブは行く先々の街やチェックポイントで UI独創性:やや高い バトル独創性:高

お姉さんをクリックで蹴散らせ!フルマウス剣戟RPG

モブお姉さんVSショタ専科のexcess mさん制作の作品。
[おねショタACT] 狩人の夢守る旅」「戦うCG集」などゲーム作品は通算5作目、
戦闘がメインのノンフィールドタイプRPG、操作はフルマウスオペレーション。
凄腕のショタ傭兵・レストが主人公、懇意にしている王国の王妃直々の依頼で
宝玉をエスラ王国まで届けるのが目的。

が、レストには「お姉さんの色仕掛けに弱い」という弱点が。凄腕なだけにその弱点も
知れ渡っており、ここぞとばかりに名を上げたいモブお姉さん軍団が行く手を阻む。

主観視点の戦闘はRTB、UIは「ファントムナイト」や「マオウオツ ver.2.0」ライク、
プレイ感覚は後者が近いだろうか。
マウス操作が忙しい戦闘メインのゲームで一般的なRPGとは一線を画し完成度も高い。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター01
最初の拠点
おねショタ剣戟ACT パレードバスター02
ワールドマップ

ゲームの基本の流れ

拠点(街)パート→ワールドマップで次のステージ選択→クリア→次の拠点へ…
の繰返しがメイン。探索マップがないノンフィールドタイプだ。
戦闘ステージはいくつかのエリアで構成され、各エリアは
戦闘画面固定、シームレスに次々現れる敵お姉さんをひたすら倒す。
モブっぽい敵お姉さん達は皆セクシーで目を奪われる。奪われないようにw
殲滅するとセーブ可能なチェックポイントに到達、次のエリアへ。
最後のエリアでボスを倒せばステージクリアとなる。最初のステージは4エリア
構成だった。一度クリアしたステージに戻って再挑戦することも可能。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター05
街や村で受けられるサブクエスト
おねショタ剣戟ACT パレードバスター03
敵グラの赤いゲージがRTBゲージ これがゼロになると攻撃してくる

主観視点RTB戦闘 独特なマウスACT剣戟バトル

本作はほぼ戦闘オンリーのゲーム。
戦闘では装備武器や、敵の種類によって戦い方が変化する。
戦闘はRTBだがRTBゲージがあるのは敵のみで、主人公・レストは
いつでも攻撃可能な仕様。

ステージを開始すると複数の敵お姉さんが立ちはだかる。お姉さんに
照準(カーソル)を定め左クリックでガンガン攻撃!綺麗なお姉さん達ばかりだが、
敵は敵、情けは無用だ!どうせゴンゴン湧いてくるしなw
とは言え、やっぱり美人をヌッ殺すのは心が痛むorz 美人お姉さんがモブ扱いなのも
サークルさんならでは。

装備武器にもよるが、序盤は1.2撃攻撃すれば倒せる。また、2秒ほど攻撃せずに
いるとカーソルが緑色に光りだし、「チャージ攻撃」を行えるのだ。
チャージ攻撃は通常攻撃の数倍強くザコお姉さんならほぼ一撃で倒せる。
それでいて消費する気力は通常攻撃と同じなのだ。チャージを積極的に使うことで
攻撃テンポは落ちるが、効率は増すはずだ。

ちなみに「気力」は攻撃する毎に減り、序盤は2.3回連続で攻撃すると尽きてしまう。
武器によっては高威力・広範囲だが気力を全部消費してしまうものもある。
気力は時間で自然回復するが、チャージといい、気力といい、戦闘では
「攻撃しない」時間も意図的に必要なのだ。

が、倒しても倒してもお姉さん達は次々と出現し、同時に複数出現することも
ままある。それが2.3体お姉さんならまだしも、5.6体お姉さんが出現すると
攻撃が間に合わない!逆にゴンゴンとお姉さんの攻撃を食らうハメに。

そんな時は「ガード」だ!お姉さんはRTBゲージがゼロになると攻撃してくる。
ゼロ近くになったらガード!ガードは画面下の武器グラフィック辺りにカーソルを
もっていくかスペースキー。タイムラグを最小限にできるスペースキーがオススメ。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター10
エロ攻撃の予告()
おねショタ剣戟ACT パレードバスター11
エロ攻撃を食らいQTE突入(画面上にゲージが出現)
おねショタ剣戟ACT パレードバスター12
QTE(後述)失敗で射精させられる 連続射精させてくるお姉さんも

ただし、ガードはお姉さんの「通常攻撃」「色仕掛け」は防げても
「エロ攻撃」は防げない。エロ攻撃をしてくるお姉さんには「❤」が付き、
攻撃される前にエロ攻撃を仕掛けてくるとわかるのだ。
ガード不可なら、攻撃される前に優先して倒してしまえばいい。
しかしその分他お姉さんからの被ダメを覚悟せねばならない。

そこで有用な行動が「カウンター」だ。カウンターはお姉さんのRTBゲージが
ある程度まで減って赤く光らないと使えないし、赤く光ったRTBゲージに
カーソルを合わせてクリックしないと発動しないといったリスクがある。
特に身軽な盗賊系お姉さんなどは画面内を左右に移動し、RTBゲージに照準を
合わせにくいのだ。しかしボス以外のお姉さんならならどんなに防御が高くても
一撃で倒せるメリットがある。更に、カウンターを決めると短時間だが
無敵時間が発生。カウンターばかり狙っていけば無敵時間を加算して、
防御せずに戦うことができるようになるのだ。

こんな感じでまぁ戦闘はマウス操作が忙しくも面白い。
お姉さんが出現した瞬間にRTBゲージを確認、一番早く攻撃してきそうなお姉さんは
誰か、❤付きお姉さんはいないかなどを見極め、一番攻撃の早そうなお姉さんを
チャージなどで倒し、❤付はカウンターで倒す!なんてことを、シームレスに
次々とお姉さん群が出現する度に瞬時に判断する戦闘なのだ。
難しいと思ったらいつでも難易度を変更できる。が、このやり応えこそ
本作のゲームとしての面白さで、当初はノーマルで遊ぶのを推奨する。
サークルさんが用意した難易度バランスがかなりいいやり応え!

敵おねいさんのエロ攻撃に注意!

色仕掛けを食らうとちょっとの時間行動不可に。ショタ主人公はウブなのだよ。
色仕掛けはバッと胸をはだけてくる(生乳)など、これはこれで「お姉さんの乳!」
とプレイヤー自身も硬直するかもしれん(笑 一瞬だからこそのチラリズム?

問題なのはエロ攻撃だ。前述の通りガード不可で、食らってしまうと手コキやフェラ、
本番などのアニメがその場で展開。更にエロに入ったと同時に画面上にゲージが
出現し、ゲージ内を高速で移動する複数の玉をクリックで全部消すことで
エロから脱出できる。いわゆるQTE(クイックタイムイベント)で、制限時間内に
成功しないと射精させられてしまい、HPが大幅に減少。逆にお姉さんはHP回復&防御力
アップと一気に形勢が不利になってしまう。
おねショタ剣戟ACT パレードバスター04
通常攻撃やチャージ攻撃と異なり、カウンターはRTBゲージ(赤い○)をクリック
おねショタ剣戟ACT パレードバスター06

状況に合わせて武器を持ち替えるのも戦術

グローブ、短剣、剣、槍、斧、槌、弓、魔法杖など武器種類が豊富で、
それぞれに性質は異なる。気力消費はグローブが最も少なく、魔法杖は
1回の攻撃で全気力を消費する反面、攻撃力や横方向への攻撃範囲は
最強の部類だ。斧や槌は防御無視で攻撃、といった特性もある。

また、「前衛・後衛」の概念もあり、近接武器では後衛の敵に届かない。
弓、魔法杖は遠近両用。近接武器でも敵の遠距離攻撃を一定のタイミングで
左クリックすると撃ち返してダメを与える。

更に、武器によっては右クリックで特殊攻撃が使える。
例えば左クリックで前衛攻撃、右クリックで後衛攻撃可能なグローブなど。
メニューやショートカットで戦闘中に武器を変更することもできる。

レベルアップや防具装備などで気力回復を短縮可能など、本作の戦闘は
かなりの引き出しがある。クリア済みのステージやサブクエストなどの
格下相手にレベリングする場合、通常攻撃だけでガンガン敵を倒せるのは快・感。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター07
FLASHはカウンターで得られる無敵時間

おねショタ剣戟ACT パレードバスター08

おねショタ剣戟ACT パレードバスター09

ボス戦は一筋縄ではいかない

ボスはかなりHPが高く、画面内を左右に移動し的を絞りにくいうえにカウンターで
一撃で倒せるワケもなく。が、カウンターで攻撃をキャンセルすることができる故、
気力ゲージを気にしつつ通常攻撃、攻撃してきそうになったらカウンターを当てる。
劣勢になるとザコを無限に召喚したりと手強い。

加えてエロ攻撃も頻繁に使ってきて、防ぎようがない。QTEを素早く脱出するしかない。
長期戦になりがちで、回復アイテムはしこたま用意しておこう。
ザコお姉さん同様、敗北で嬲られエロアニメあり。放っておくと延々と嬲られる。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター

ちょっと一戦がとっても捗る

拠点で可能な「ちょっと一戦」は本作のメインエロともいえる要素で、これまで倒した
敵お姉さんを自由に組み合わせて戦闘できる。ギャラリー的な要素だ。
倒しても無限に湧くなどのカスタマイズが可能で、お気に入りのエロ攻撃をもった
お姉さんばかりを揃えて戦闘するなど使い方次第でエロエロ戦闘を楽しめる。

体験版総合的に

装備やレベルアップといったRPG的な要素もしっかり踏まえつつ、マウスACT戦闘、
QTEなどが常にいい緊張感を与えてくれる。おねショタエロも流石のクオリティで、
これといった短所が見つからない完成度の高い良作。

サブイベントでは「開錠」が必要なイベントがあるんだが、開錠成否はまさかの
「イライラ棒」的なミニゲームだったり。

<追記>
新たなお姉さん「ダークウィッチ」追加、ハードより難しいモードの追加、
その他様々な機能が追加された様だ。

撫子「こんな嗜好の紳士におすすめかなぁ?」
女性上位 おねショタ モブお姉さんワラワラ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *