悪魔を誘う唄 体験版感想・レビュー

悪魔を誘う唄
当方丸宝堂  ACTRPG  1,600円(税抜)
【基本情報】♀主人公 アクションエディター製 バランス型 難易度:やり応えあり
【体験版評価】8.8/10点 (面白さ9 システム8 没入感10 エロス8)
【ゲーム情報】以下操作キー
Z…攻撃(能力アップで最大3連) C…ジャンプ S…ガード X+A…アイテム選択
A…アイテム使用 V…ステータス表示 F…魔法切り替え D…魔法使用
メッセスキップなし Xでイベントスキップ セーブはワールドマップで
UI独創性:普通

オーク族が席巻するドルガー大陸を巡る争乱の歴史 ここに終幕

Damned, Kill me!!〜くっ、殺せ! オークと女騎士の物語〜」に始まり、
スピンオフ作品「コボルドの家畜騎士」を経て、ドルガー大陸の争乱の時代を描く
「悪魔を綴る唄」シリーズ最終章。
シリーズ全体としては様々な種族が生きるドルガー大陸数百年の歴史綴る巨大な基礎が
築かれたストーリー・背景・登場人物が魅力的で、同人ゲームでここまで壮大な作品は
そうお目にかかれないだろう。

故に本流であるストーリーがたった2作(コボルド~はあくまでスピンオフであるし)で
一足飛びに語られてしまっているのが非常に残念でならない。このスケールであれば、
まだまだいくつものエピソードを描けたはずである。逆にたった2作+補完1作で
これほど風呂敷を拡げてきちんと畳んでいるのもすごいのだが。
とまぁこんな感じに我輩にアツく語らせるシリーズであり、本作ひとつをとっても
実に濃い作品になっている。

悪魔を誘う唄 01
ゲーム開始時に能力値を好きに割り振れる 拠点で振り直しも可

「悪魔を誘う唄」体験版では

オープニングステージと、オークの統べる街のイベント、そこから行ける
ステージまで。プレイ時間にして2時間程。アクションDEエロ数種、敗北での娼館エロも
数種類拝見できる。1作目の体験版は中盤までと遊べ過ぎたが本作は序盤までだ。

二人でワンセットのイーディスとレナ 彼女らの目的

本作のストーリーとしては、暴虐なるオーク族が最盛に至った原因であるオーク王
ドルガン・ノフ、そして彼と契約し力を与えている悪魔王を撃ち倒すというもの。
きゃつらを成敗する主人公はかつて「流浪の姫騎士」と呼ばれた人類最古の英雄と
彼女と契約した悪魔王の妹。

悪魔を誘う唄 03
悪魔を誘う唄 04

悪魔と契約した者はその悪魔の上位にあたる悪魔には絶対服従。そして全ての悪魔は
悪魔王を源流に持つ。しかし悪魔王の妹の契約者たる流浪の姫騎士は彼らに
刃を向けることができるのだ。異端の悪魔契約者・ファティマ(くっ殺の主人公)の
反乱から数百年後の世界でイーディスとレナは動き始め、オーク領に侵入する。

悪魔を誘う唄 02
新しい敵が現れるとHPと攻撃力が表示される

前作同様ACTゲーとして非常に秀逸 万人向けの難易度になった

アクションエディター製でUIなどはクラシックな雰囲気だが、アクション性や
レスポンスは前作同様すこぶるいい。ワールドマップからステージを選んでクリア
していくタイプで、セーブは基本ワールドマップ。一度クリアしたステージにも
再度トライしてレベリングやお金稼ぎが可能だ。

前作が残機制だったのに対し本作は残機制を廃止、即死穴がなくなっている。
また凶悪だったギミックもライトなものばかり(体験版範囲で)で、且つボス含めた
敵もそんなに強くなく、全体的な難易度はかなり下がっていると感じる。

悪魔を誘う唄 05
Z攻撃モーション 成長すると最大3連撃可

最初はアクションの多さに「覚えきれんわ!」と思うかもしれんが、まずはZ攻撃、
Cシャンプ、Sガード、これだけ覚えておけばいい。ガード中は後方からの攻撃も完全
ガードするが一定時間しかガード状態を保てず、ガード後は数秒ガードが使えなくなる。
操作に慣れてきたらX+Aでアイテム切り替え、Aでアイテム使用、など随時必要な時に
覚えていくべし。そのうち派手で強力な魔法攻撃なんかも使える様になる。

敵を倒して経験値を得ればLVUP、また敵を倒して得た「ソウル」で各種能力値を
伸ばしていけるのだが、攻撃力や防御力などの他、移動速度やジャンプ力なども上昇可。
ジャンプを上げていけば2段ジャンプも可能になり、クリア済みのステージで
行けなかったルートを進める様になったり。そこは最初に進んだ下方ルートとは
敵の強さが全然違ったり、貴重なアイテムがあったりと、探索要素も濃いのだ。
魔法もソウルを消費して覚える故、ソウルを稼ぐ程に強く爽快なACT性設計だ。

悪魔を誘う唄 06
たまにクソ強い敵も混じっている故倒そうと思わない様に

1ステージは数エリアで構成され結構長いんだが、途中一度ワールドマップに抜けられる
(セーブできる)ポイントがありステージ途中から再開できたり、全回復できるポイントが
あったりと遊びやすさにも配慮されている。ちなみに敵が視界に入ると敵のステータスが
しばらく表示されるのだが、よく見ると他ザコより明らかにクソ強いザコも混じっていて、
初見では倒そうと思わない方がいい。この辺り「しっかり敵の情報を見て進んでね」的な
サークルさんからのメッセージであり、当初敵ステータスを見ていなかった我輩は
何度かアボーンorz難易度は万人受けになったがこの辺り実にサークルさんらしいなぁ。

悪魔を誘う唄

当方丸宝堂節ともいえる、快楽堕ちとは無縁な容赦のない陵辱描写

エロに関しては、敵の攻撃でダウン→レバガチャ復帰が間に合わず敵に接触されると
アクションDEエロ。一度エロになるとフィニッシュされるまで抜け出せないものの
特にデメリットはない。エロ中はズームイン・アウトが可能だ。このアクションDEエロも
イイモノだが、本作のエロの真骨頂は敗北してオークに捕われてからだ。

悪魔を誘う唄07
悪魔を誘う唄08
客が待つ部屋へと入り身を売ると5000のソウルを得られる

オーク族娼館の娼婦として扱われ、プレイヤー自ら客間を選んで入り(堕ち具合によって
入れる部屋は限定される)、オーク相手のCGエロシーン。何度も何度もエロしないと
娼館からは脱出できないのだ。が、その間にイーディスの心と矜持はどんどん
すり減らされていく。強制される娼婦業務は容赦ない陵辱に同じ。
だがこなさなければここから脱出できない。もう嫌だ、やめてくれ!と願う彼女に
容赦ないエロ描写こそがこのサークルさんの持ち味であり、サークルさんのファンは
安心していい。当方丸宝堂節は健在だ。

悪魔を誘う唄09
悪魔を誘う唄10
悪魔を誘う唄11
何度か(5~6回位?)客をとると脱出できるようになる

各ステージのアカシャの欠片 隠されていることもある

各ステージにはコウモリの様な、一見「これ触れちゃイカンやつだろ」的な
シンボルがある。これは「アカシャの欠片」というアイテムで集めていくことで
様々な恩恵がある。例えば本作にはエロされた回数でEDが3種に変化するが、
欠片を集めることでエロ回数をゼロにリセットしたり。その他にも様々。
が、わかりにくい隠された様な場所にあるものもある。ステージをよく探索するべし。

体験版総合的に

前作に比べ難易度が低くなったのは個人的に残念だが、ACTとしての間口はかなり
広くなり、万人にオススメできる作品になっている。そんなにシナリオが重要な
シリーズならこの作品からじゃ理解できないよ!と思う紳士も安心。
なんと前作「くっ、殺せ!」のストーリーはおびただしい数のスクショで全て
同梱されている。順番に見ていけば前作ストーリーは全て把握できる。
ぶっちゃけこれだけで1作のビジュアルノベル的なボリューム。スピンオフの
「コボルド~」は1作目の外伝的なストーリーである故未見でも問題ない。

悪魔を誘う唄12
悪魔を誘う唄12
愛の伝道師「ケシオン」と名乗るオークが作った種族混合の街 ここが拠点となる

ここ数十年でオーク族の中から概念的な「愛」を知った者達が出てきて、
彼らは同じオークの中でも率先して人間などの他種族を救い、その為には同族との
戦いも辞さない。彼らのリーダーは「愛の伝道師」とサムイ通り名を自称するが、
これがまた深い。うむ、やはり分厚い読み物の序章を読み終わった感覚に近いな。

次回作は全く別物を企画されている様だが、いつか本作の更なる補完的な作品を
願うばかりである。このまま押入れにしまうのは惜しい風呂敷な気がする。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
最上位たる悪魔が陵辱される 恥辱 異種姦 背徳

夢子「お取扱いサイト様です」

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *