ロリ巨乳の里にて 体験版感想・レビュー

ロリ巨乳の里にて
喘葉の森  パイズリRPG  1,200円(税抜)
【基本情報】♂主人公(名前変更可) ツクールXP製 バランス型 難易度:やり応えアリ
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 2vs複数
逃走コマンドやや逃げやすい タルやタンスアイテムあり デフォダッシュ
メッセスキップあり(速い) セーブはいつでも 戦闘DEエロ:なし エロステ:なし
UI独創性:普通 バトル独創性:普通

本番をしている様なパイズリックス RPG部分にのめり込む

主人公は女性の声で目覚める。女性は椿と名乗り、その身体に似つかわしくない
巨乳でいきなりパイズリを始め、主人公は何度も射精させられる。
搾り尽くした後に彼女は告げる。「そなたはこの里で搾りつくされる運命じゃ。
乳内射精したくて勃起が治まらんだろう」と。
言われてみれば主人公は彼女のパイズリに異様な興奮を覚えていた。と、同時に
彼女のものいいに違和感を覚える。まるで主人公を以前から知っていたかの様な…
時が経つほどにデジャブを覚える不思議な里と世界に迷い込んだ男の物語。

正直、パイズリエロシーンがメインでRPG部分はちょこっと遊べるのかいな、
程度に考えていたんだが、箱を開けてみるとRPG部分が濃ゆいわぁ。
それもストーリーありきの筋立てた展開ではなく、一緒に戦うヒロインや育成、
進め方もある程度の自由がある、割と玄人好みのRPGだった。

「ロリ巨乳の里にて」体験版では

なんと体験版でエンディングまで遊べてしまう太っ腹。何故この様な体験版に
なったか、サークルさん曰く「体験版を作るのが面倒だったから」(笑
我輩は4時間ほどプレイしたが進行度はまだ中盤。クリアまで10時間位かかりそうな。
・隠しヒロイン一人追加  ・隠しダンジョン追加
・Wパイズリエロシーン追加  ・アプデが優先的に行われる
製品版はこんな感じ。とりま遊んでみたい紳士にはこれ以上ない体験版。

本作のパイズリの魅力 パイズリはセックス

いきなりエロの解説から入るのは当編集部っぽくないのだが、まずはこれを紹介して
ナンボ。本作はサークルさんの過去作漫画「ロリ巨乳の里で死ぬまで搾り取られる
ロリ巨乳に拉致られてパイズリセックスするだけの漫画」と同世界観、
設定やキャラを掘り下げた作品となっている。故にそちらを先に読んでいればニヤリ☆と
できるシーンはある。が、本作からでも全く問題ない。

このサークルさんのパイズリの魅力は他サークルさんとは一線を画す。
本作で登場する7人(+隠しキャラ)は全員乳首がギリギリ見えない程度の上乳丸出しな
着物を着用。里に迷い込んだ男からパイズリックスで搾り取る為だ。

ロリ巨乳の里にて

パイズリックスシーンではヒロインのおっぱいが中心、次点でヒロインの顔、主人公は
下半身のみな構図。どのヒロインも身体の大きさに対し圧倒的な乳質量を誇り、チ〇ポは
大抵乳内に埋まる。真正面から乳の間に挿入するような構図もある。
ミステリアスな雰囲気やパイズリが全てな世界観も手伝って、パイズリこそ本番!
という気分にさせられ、特にパイズリに興味がない我輩もそれがヒドくエロい性行為
なんだ、と洗脳された。

この世界に浸っているとパイズリが性行為の中でも最もエロい「パイズリックス」であると
常識を書き換えられそうな(笑 テキスト、世界観、パイズリ構図が秀逸!
里のリーダーたる椿の「あやつの射精は全てムダ撃ちじゃ」というセリフに心が(性的に)
奮え、ヒロインはキャラ毎に嗜好が異なるパイズリを見せる。

「パイズリに興味はねぇ!だから遊ばねぇ」という紳士よ、もったいない。
まぁ無理には勧めないが、新たな扉をあけるチャンスがここにあるというのに…

ロリ巨乳の里にて
ロリ巨乳の里にて

基本の流れ

ロリ巨乳達が住む里を拠点とし、東と西に延びる森から様々なマップを探索する。
それぞれのタンジョンに到達すればショートカット可、里へは消費アイテムで戻れる。
本作の最終的な目的は7人+αのヒロイン全員の「親密度をMAXにすることだ。
同じヒロインパイズリックスでもその過程でCGやセリフが変化する。
エンディングは各ヒロイン毎、全員から搾られるハーレムエンドもあり。

親密度を上げるには里にいる7人の娘達とパイズリックスするのが最も手っ取り早い。
パイズリックスすると射精する度に精子量(c.c)が減少、と同時に経験値が
減少してしまい、それに応じてレベルも下がってしまう。搾られ回数任意の
娘もいれば、ゼロになるまで搾り尽くす娘もいる。精子量は寝れば最大まで回復。
パイズリの他一緒に行動して戦闘を重ねることでも少しずつアップする。

ロリ巨乳の里にて
画面上の❤マークが親密度

ただしこの繰返しだけでは親密度MAXにはならない。親密度にはキャップが設けられ
各ヒロインからの依頼(お仕事)を達成する度に1ずつ解除される。当初は親密度キャップ
❤だが、依頼を達成すると❤❤に増える。つまり、全員の好感度をMAXにするには
全員からの依頼をすべてこなす必要がある。

依頼は多岐に渡り、椿なら毎日依頼される魔物退治で様々なマップへ行かねばならんし、
秘湯巡りが趣味の枸杞(クコ)であればやはりマップを探索してすべての秘湯を見つける等
ダンジョン探索は必須だ。

東の森からは洞窟1、沼地、山と行き先が拡がり、沼地と山を越えると森深部へ。
その奥まで行くと洞窟2が待ち受ける。それぞれのダンジョンマップはそれなりに広く
迷うかもしれん。先に進む程徘徊する敵は強くなり、レベルアップだけでなく装備品や
アイテムを宝箱からきっちり回収していかないと戦闘が厳しい。

ロリ巨乳の里にて

行く手を塞ぐ岩は合成でつくる粘着爆弾がないと破壊できず、特定の宝箱は
特定のヒロインを連れていないと開けれられないなど、未知の領域に踏み込む程に
新たな発見と緊張感にwktkすると同時に、DQの様に「あそこの宝箱まだとってないな、
あそこの岩もだな」となんとなく記憶に留めておき回収する達成感がグッド!
よくできたRPGには必ずといっていいほどこの要素があるよなぁ。初見でとれなかった
宝箱、通れなかった通路の先に何があるのか、RPGにはこれが欲しいよなぁ。

更に里の西には普通に進んでも堂々巡りな広大なダンジョンが拡る。

オーソドックスなターン制戦闘 ヒロインを任意で選ぶ2人PT制

ザコ戦は2~4.5T程で大概終わり、Cキーによる高速化でテンポ良し。
術を使って弱点と突けば楽に倒せるが、術はレベルアップでは覚えず術書を
使って覚え、術書の入手は限られている。
敵を倒すと経験値と素材を得られるのみ。お金は椿の依頼をこなして稼ぐのが
メイン。起床したらまず椿から仕事をもらおう。もらわないと条件を達成しても
お金は得られない。結構忘れがち。

敵の種類はシンボルで判別できるんだが、各マップにはザコより数段強い
強力な敵が徘徊していることがひと目でわかる。コイツらはたまに
ものスゴイ勢いでダッシュしてきたりと動きも変則的でコワイ。
序盤の難度は低いが、中盤あたりからデバフ攻撃してくる敵が増え、
装備品や回復アイテムでの対策が必要になってくる。

PTは主人公とヒロインの2人PT制、里にいる7人のヒロインから連れて行きたい
ヒロインに話しかければOK。主人公は物理も術もいける万能型故、好みの
ヒロインを連れて強くするといいだろう。
前述の特定の宝箱を開ける、依頼される仕事自体が一緒にマップを探索することで
ある場合は特定のヒロインを連れていこう。

個人的にはエロに無知で人懐っこい花梨が好みで強くした。花梨は素早い物理攻撃系、
術は主人公優先で覚えさせた。

ロリ巨乳の里にて

ゲーム冒頭からヒロインとのパイズリックス可能だが、毎日やってると
レベルが低いままでなかなか探索が捗らない。攻略的にはまず一定数パイズリックス
しないと仲間になってくれないヒロインを仲間に出来る状態にし、その後は
パイズリックスを封印してレベルを上げ、探索にいそしみヒロインを強化。
ヒロインが強くなればパイズリックスでレベルが下がってもそこそこの敵と戦って
主人公をスグ鍛えられる。

ちなみにだが、こまめにセーブしつつ敵を避けながらダンジョン深くに入り宝箱を
回収して強化することも可能。敵シンボルの数は結構多く簡単ではないが、
レベルアップの成長より装備品での能力アップの方が伸び幅が高い。

ロリ巨乳の里にて

体験版総合的に

パイズリックスマジエロィィ。我輩のパイズリの扉がちょい開きから90°開きに
なった程。そしてRPG部分もスゲェやり応え!基本ノーヒントで行き先は自由、
未知のダンジョンを開拓していくwktkと緊張感がいい具合に味わえた。
里だけでなく、秘湯でもパイズリックスあり!RPGスキーならマルっと遊べる
体験版をレッツプレイ!ロリを冠したタイトルだがそんなにロリじゃないな。

撫子「いうまでもないけどこんな紳士にオススメかな~」
パイズリ パイズリックス 和服

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *