リターニアの精霊使い-迷宮を征く者- 体験版感想・レビュー

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-
ルナソフト  3DダンジョンRPG  2,200円(税抜)
CV:ヒマリ 木多野あり 和葉 星空ユメ あかしゆき 奥山歩 成瀬未亜
【基本情報】♂主人公 その他製 バランス型 難易度:やり応えアリ
【体験版評価】8.5/10点 (面白さ9 システム8 没入感9 エロス8)
【ゲーム情報】ランダムエンカウント ターン制コマンドバトル 複数vs複数
逃走:レベル依存 メッセスキップあり セーブはいつでも マウスのみで操作可
戦闘DEエロ:なし エロステ:なし UI独創性:高い バトル独創性:やや高い

やり応えとやり込みに優れた本格派 洗練されたデザイン

作品を追うごとに洗練されていくルナソフトさんの本格3DダンジョンRPG。
2013年にリリースされた「魔法少女リィ-淫魔の試練場-」にあった装備鑑定、
装備品レアリティなどのシステムをほぼ踏襲しつつ、本作から新たに搭載された
システムもいくつか、正統進化版と言っても過言ではないだろう。
リアルタイムに描かれる3Dダンジョンマップのクオリティは同人最高峰。

「リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-」体験版では

プロローグでノルンが仲間になり、主人公・レナードと2人、最初のダンジョンの
ボス?まで遊べる。エロは2種。プレイ時間は1時間ちょい位。製品版では最大6人PT。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-01

導入ストーリーと精霊達との関係

主人公は精霊使いの末裔・レナード。平和ボケした王都で鍛冶屋の小間使いとして
働いていた。最近になって500年前に閉じたはずの魔界への門「ポータル」が出現、
王女・シルヴィアの勅命と精霊使いの家系に伝わる伝承に従い、ポータルの調査、
封印を買って出る。かつての精霊使いは5人の精霊を従えていたが、レナードが
召喚できる精霊は「白の精霊・ノルン」のみだった。シルヴィア王女のサポートを受け、
レナードとノルンはポータルから魔界へと向かう。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-03
サブヒロインの王女・シルヴィア ロリ巨乳で下ネタ連発

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-02
白の精霊・ノルンは騎士タイプ 品格も性格もいい

余談だが、この設定から「カードマスター リムサリアの封印」という作品を真っ先に
思い出したが、サークルさんがこれをモチーフにしたかは定かではない。
まぁそれとは違い、本作の精霊達とレナードはFateの様な蜜月の主従関係なんだが。

エロも精霊(全員♀)がメインで、シルヴィアとその側近・サラとのエロも。
主人公ハーレムと勿論敗北陵辱(テキストのみだがリョナも)あり。
精霊達は生殖行為を必要としない故性に疎いのだが、王女のシルヴィアが下ネタスキー
(おっさんレベル)で、マスターであるレナードを悦ばせたい精霊達は、彼女のエロ話に
興味津々なのである。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-04

基本の流れとダンジョン仕様

拠点である王都・リターニアでは迎賓館で寝て回復、市場で消費アイテム購入、鍛冶屋で
装備の購入・売却・鑑定・修理・強化、広場の商人からはダンジョンでしか拾えない
ラインナップの日替わりアイテム(レアもあり)購入、倉庫でアイテム整理、精霊達への
プレゼントが行える。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-05
光ポイントでアイテムを拾える

準備を整えたらダンジョンへ。ダンジョン内はリアルタイム3Dで描写され、同人の
同ジャンルRPGのマップと較べても群を抜いて美麗。壁にぶつかった際の「いたっ!」
というCVもきっちり完備。前作にはなかった宝箱(光ポイント)もあり、遠くからでも
光って見えて「あ、あそこにアイテムある!」とわかる描写クオリティ。
ある程度進むと「ウェイポイント」があり、そこから拠点への脱出とこの地点への
ワープが可能に。戻ったら拾った装備を鑑定、いらん装備を売却→必要なアイテム購入。
装備を分解して強化素材を得て装備品強化も可。

操作面で言えば、画面右にマウスクリックで移動・方向転換可能なアイコンが用意
されており、充分事足りる。このアイコンは前作にはなかった。超人気作である
リリテイルズ」と同じUIだ。個人的には方向キーの方が移動しやすかった故、
右手でマウス、左手でキーボード方向キー操作になった。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-06
メニュー画面は右クリック

画面右上にはミニマップが表示され、メニュー開けば全体マップを表示、勿論
オートマッピング&マップ踏破率も表示で、踏破率を100%にしないと気が済まない(笑
レベリング的にもこの遊び方で丁度ええ塩梅じゃかろうか。バランス調整バッチリ。
実際のプレイとしては、3Dマップ画面ではなくミニマップを見て移動する感覚。
なんにせよ、操作面はバッチリだ。もし未だに「3D酔い」という言葉があり、その
自覚症状があるなら留意。移動も方向転換も非常に滑らかなアニメーション故。

ダンジョン内では、ランダムで「仲間精霊イベント」が発生し、選択肢が出る。
彼女らの性格を把握していれば正解はわかりやすい。正解を選べば好感度が上昇する。
好感度は前述の「プレゼント」で大きく上昇するぞ。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-07

ノルンをタンクとする戦術性の高い戦闘 右クリックで高速化

体験版ではノルンしか仲間にならなかった故、全精霊を仲間にしての6人PTでの
戦闘感覚は味わえんが、おそらく騎士っぽい出で立ちのノルンが「タンク役」で
あることが本作戦闘のキモになりそうだ。ノルンはデフォから敵のヘイト値を上げる
「タウント」というスキルを持ち、主人公が6ダメ受ける敵から3ダメ程度に留める
防御力を備えている。故に防御力が高いノルンが被ダメを引き受ける戦術が基本。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-

この2人は序盤回復スキルも覚えない故、ノルンタンクで被ダメを最小限にしつつ、
回復はアイテムで。ただ、タウントは敵1体にしか効果が無く、敵複数を相手に
タウントを全員に使うのか、1体にのみ使う・または使わずに短期決戦を挑むか、
この辺りを味方の強さと敵の強さを鑑みつつ調整していくのがプレイヤーの腕の
見せ所だ。その効率でダンジョンに潜っていられる時間がかなり変わる。
仲間が2人だけの体験版範囲では、3体以上を相手にする際、敵の強さ、特性などを
把握したうえで行動を選択しないと効率が悪い。序盤だけでもこの程度の攻略性がある。
ヒロイン達のCVも戦闘を盛り上げる要素だ。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-
キャラ毎に異なるスキルツリー この他能力値アップパッシブスキルもあり

スキルツリーとレア装備品・アーティファクト

スキルはレベルアップで得たスキルポイントをスキルツリーに割り振って修得。
また、修得したスキルにポイントを振ってスキルレベルを上げることもできる。
「タウント」もスキルレベルがあがれば、よりヘイト値を高めることができるし、
パッシブスキルの防御アップを上げて防御力重視にしたりも。キャラ育成の幅が広い。

装備品には前作同様レアリティが存在し、例えば店売りのショートスタッフは
物理攻撃力とINTアップのみだが、ダンジョンで拾う(または広場の商人から買う)
それには、「炎魔法で追加ダメ」「雷魔法で追加ダメ」等が付いていたり。
これで攻撃すると物理ダメの後、炎→雷で追加ダメとかなり強力だった。
レア度の高い装備ほど、様々な効果が付いている。↑の他だと各種能力値アップ、
デバフ回避率アップなどなど。

また、前作にはなかった要素として「装備品の耐久値」がある。
武器なら1回攻撃すると減り、防具なら被ダメ毎に減る。故に拠点に戻ったら
まず装備品修理、修理費は1Gとか安い。レベリング時には耐久値に留意。
同じ装備でもレアリティで耐久値が全然異なる。

ダンジョンで拾ったアイテムは拠点で鑑定しないと装備できん故、レアな未鑑定アイテムを
拾ったら余力があっても拠点に帰り、装備してから探索した方が効率がいいかもしれん。
レベルアップやスキルの他にも攻略の引き出しがあり、
且つコレクターの血が騒ぐやり込み要素でもある。我輩が見た限りでは、レア装備品には
数あるバフリストからランダムで効果が選ばれる、という感じかと。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-08
ボスの巨大ワーム 横にもう1匹、2体同時相手 回復アイテムがしこたま必要

バフの組み合わせ次第で同じ装備でもパターンは無限に近い。いい装備品に巡り合うまで
いくらでも潜っていられそうだ。↑で紹介した炎・雷の追加ダメが付いた
ショートスタッフは、結構なレア装備だったかなぁと。実際レナードの攻撃力が飛躍的に
あがり(ノルンは杖を装備できない)、おかげでなんとかボス・巨大ワームにLv3でギリギリ
勝てた感じだった。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-09
リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-

で、エロは?

ザコ戦で敗北(レナードが戦闘不能になる)の場合は所持金半分で拠点に戻される。
ボス敗北は精霊達の陵辱エロ。体験版では触手陵辱された挙句、最後は画面暗転で
ノルンの身体が引きちぎられゲームオーバー。わざわざ負けなくても
ギャラリーに登録される。戦闘中被ダメでのアーマーブレイクあり。

リターニアの精霊使い-迷宮を征く者-

これらが半分、あとはレナードとのラブイチャ。ラブイチャはストーリーを進めると
各ヒロインとの初期段階エロ発生、その後は好感度上昇で発生するかと。貢ごう。

体験版総合的に

難易度がイージー、ノーマル、ヘルの三段階、↑はノーマルで遊んだ感想。
ノーマルでも充分やり応えアリ、M紳士はヘルをどうぞ。
献身的なノルン、王女のクセに下ネタ乱れ撃ちのシルヴィアがかなり良かった。
ストーリー的にも敵の黒幕が…悪魔使い?精霊使いVS悪魔使いな構図なんだろうか。
デビルサマナーが相手か!とひとりwktkした。
歩数100突破、敵20体撃破などの実績要素もあり 特にメリットは無いけども。

たった一つだけ難点を上げるなら、鍛冶屋で鑑定後その場で装備画面を開けると便利か。
現状では一旦外に出てから装備して性能を見る必要がある。

すたじおおぐま時代はゲーム性は高かったものの尖ったバランスや同人ぽさがちらほら
見受けられたが、ルナソフトさんの最近の作品はほんと万人が楽しめるゲームバランスと
使いやすいUIで商業作品にヒケをとらん。3DダンジョンRPGスキーは体験版触るべし!
DLsite.comでの購入でコスチューム追加特典あり。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
ガチ3DダンジョンRPG ハクスラ ラブイチャハーレム 異種姦陵辱

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「ルナソフト様の過去作です」
ダンジョンズ&ヒロインズ-不思議の迷宮と異界の少女-悪堕ラビリンス-囚われ魔王と奈落の狂人-
■ダンジョンズ&ヒロインズ(ローグライク)体験版感想記事
■悪堕ラビリンス(巣作りドラゴン風防衛SLG) 体験版感想記事

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *