セイクリッド~砕かれた光の冠~ 体験版感想・レビュー

セイクリッド~砕かれた光の冠~
ルクスソフト  3D描写RPG  800円(税抜)
【基本情報】♂主人公(名前選択可) SMILE GAME BUILDER製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】7.8/10点 (面白さ8 システム7 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】ランダムエンカウント ターン制コマンドバトル 複数vs複数
逃走コマンド100% タルやタンスアイテムなし(宝箱多数あり) Shiftダッシュ
Qキー…左回転 Eキー…右回転 Rキー…上回転 Fキー…下回転
メッセスキップなし(必要性を感じない) セーブはいつでも 戦闘DEエロ:なし
エロステ:なし UI独創性:普通 バトル独創性:高い(新ツール故に)

見せてもらおうか、連邦軍の新制作ツールの性能とやらを!

3D描写のRPGを比較的簡単に制作できるツール「SMILE GAME BUILDER」製のRPG。
我輩の記憶が確かならば、「TOKYO天魔デビルプリズン」がDL同人初の同ツール製
だったと思うが体験版がなかった故、我輩自身は本作が初体験。ポッ。

セイクリッド~砕かれた光の冠~004
メニュー画面

「セイクリッド~砕かれた光の冠~」体験版では

途中でシステムバグにより強制終了したところまで遊んだが(多分体験版終了に近い所まで
進んだかと)、そこまででもプレイ時間1時間半位。バグはおそらく我輩のPC環境に
よるもの故、あまり気にしないでいいかと。エロは姫様の水浴び覗きとお供の妖精の
おまたを指でコスコス位だったか。

セイクリッド~砕かれた光の冠~001
セイクリッド~砕かれた光の冠~002
同じ場所で視点をグリグリ こんなに見た目が変わる 遊びやすいのは上画像視点

特徴的な2つの視点 慣れは必要

本作では二つの視点があり、フィールドマップでは三人称視点で大半はこれ。
3D描写だけにマップを上下左右にアングルをグリグリと変更できる。
アングルを変えることで、隠された入口や宝箱を発見できたりする要素あり。

セイクリッド~砕かれた光の冠~003
ダンジョンでの一人称視点 感覚的には3Dダンジョンに近い

一部ダンジョンでの主人公視点では一人称視点、3DダンジョンRPGっぽくもあり
キングスフィールドやFPSっぽい感覚でもある。DL同人ゲームで言えば
MonsterGirlCastle」に近いか。

<追記>Ver1.04からダンジョンも3人称視点(俯瞰カメラ)に仕様変更された

ただどちらの視点でもマッピング機能が無い故、紳士によっては迷いやすいかも
しれない。三人称視点でも画面をグリグリすると見た目が全く変わり、高低差のある
マップが多いことも手伝って、アングル変更しただけで方向感覚を失うシーンもあった。
その辺を配慮してか目印となるオブジェクトは多く個人的には迷うことはなかったが。

従来のツクール製やウディタ製などの2DRPGとは根本的に移動視点が異なる故、
向き不向きは体験版で確認すべし。そういった特殊な視点を除けば、ゲーム自体は
非常にオーソドックス、きっちりレベリングしてストーリーに沿って進んでいく。
寄り道と言えばダンジョンでわかり辛い場所に宝箱がある位だ。

セイクリッド~砕かれた光の冠~005
セイクリッド~砕かれた光の冠~006
セイクリッド~砕かれた光の冠~007
戦闘・マップでのキャラは3Dデフォルメ LEGOブロックみたいだなw

ストーリーや戦闘難易度

父王が病に伏せ、姫にそっくりな女王(主人公がオープニングで見た夢は彼女の昔の…?)
が不穏な動きを見せる中、姫は一兵士である主人公と共に真実を求め旅に出るストーリー。
割ときっちりレベリングが必要だがお金が貯まりやすくザコもそれほど強くない。
RPGとしては間口の広い安定した作り。
ちなみに主人公のセリフは無いが、会話中にセリフ的な選択肢が多く、それがキャラを
形作っている。「ミッシングリンク」の主人公もそんなタイプだった。

セイクリッド~砕かれた光の冠~
セイクリッド~砕かれた光の冠~

エロは美麗…という他ない

とりあえず姫様もお供の妖精も可愛いし絵が美麗!ツンデレなブロンド姫騎士、
生意気だがどこか憎めない妖精たんも親指姫的なエロ要員なんだなぁ。
どっちも魅力的だ。エロ傾向的に陵辱が多いのかラブイチャが多いのかは不明。

体験版総合的に

結局楽しめるかどうかは3D描写マップに適応できるかどうか。サークルさんの
DLsiteブログを拝見すると3D酔いするプレイヤーも結構いる様だ。
我輩的には隠された宝箱や入口を探す手段として画面アングルをグリグリするのが
ゼルダっぽくて楽しめた。

ツールの仕様的に若干PCのファンが唸る部分もあるが、プレイに支障をきたすほどでは
ないかな。ツクールに比べてとっつきは悪いけども、SMILE GAME BUILDER製のゲームが
増えてくればプレイヤー的にも慣れるんじゃなかろうか。前作がMV製で今作は
最新ツールを使うあたり、このサークルさんは新しい制作ツールを好むんだろうか…
相変わらずセンスを感じるなぁ。プレイ時間は想定8時間と、コスパも良さげ。
この後の展開は、どうやら姫様が囚われ、過去作の魔王と竜王が仲間になるっぽい?

キーボードだとアングル変更で使うキーが多いとか、一人称視点で水平移動ができない
など操作性は若干難あり。マップ切り替え時いきなり視点が変わるのもちょっと戸惑う。
ただこのツール、決定キーとキャンセルキーのレスポンスがすこぶるよく、連打に
ちゃんと反応するのが地味にいいしポテンシャルを感じた。ただ起動に時間がかかる。
従来の2DRPGにはない、アングル変更での探索という3Dならではの要素をプラスできる点は
SMILE GAME BUILDERというツールの強みだろう。が、それに付随して操作キーが
増えてしまうのが難点か。パッドなどならもっと遊びやすそうではあるが操作キーの
コンフィグは欲しいところ。作品ごとに操作キーが違うことがままありそうであるし。

<追記>
Ver1.04になりダンジョンも三人称視点(俯瞰カメラ)に仕様変更
3D酔いの心配はなくなった…かと。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
3Dスキー 姫騎士 ラブイチャ 陵辱 親指姫 若干コメディ

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

夢子「サークル様の過去作です」
ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~たままお ~乗っ取られた魔王城を取り返せ~
■「ねぎドラ~ネコババされたオーブをさっさと返せ!~」体験版感想
■「たままお ~乗っ取られた魔王城を取り返せ~」体験版感想

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *