シーイルサーバー 体験版感想・レビュー

シーイルサーバー
ふろねずみ  ACT  1,200円(税抜)
【基本情報】♀主人公 CF2.5製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】8.3/10点 (面白さ8 システム7 没入感9 エロス9)
【ゲーム情報】アクションDEエロ キーボードでの操作は以下
Z…攻撃 X…ダッシュ・連打でダウンやエロから脱出 C…クリーチャー召喚
C長押し+方向キー…場所を指定してクリーチャー召喚or敵にダメージ
V連打…オナニー A…会話 SorD…召喚クリーチャー切り替え Space…メニュー
メッセスキップなし(長い会話は無い) セーブは拠点のみ(自動) バトル独創性:高

意表を突くゲーム仕様 なんだ?誰が味方で誰が敵!?

突如実験体の化物たちに襲われた研究所。この事態に博士(♀)は最終手段として
主人公「悪司の給仕人・シーイルサーバー」を起動させる… という導入ストーリー。
プレイヤーはシーイルサーバーを操作し研究所内の化物たちを駆逐していく…
そんなゲームだと思っていたんだが。普通そう思うよな?この導入ならば。
「悪司の給仕人」という部分はさておき。

シーイルサーバー06
博士のいる拠点 メニューからいつでも戻れる

盛大に勘違いした理由とゲーム設計

というわけで化物を殲滅していくゲームだと勘違いしてプレイした我輩。
実際プレイしてみると化物達を殲滅しても味方のハズの女性警備員は何故か主人公に
攻撃してくる。ん?なにコレどうなってんの?Cキーで召喚できるのは…ゾンビ?
そういえば化物達はこちらに攻撃してこない… !!(気付いた) ジーザス!
なんてこった!主人公は化物サイド、仲間だと思った女性警備員達が敵なのか!
勘違いした理由は他にもある。主人公の攻撃が本来の敵である警備員には当たらない、
逆に仲間である化物達には攻撃できる、という仕様。しかも化物を倒すと❤を出して
回復できるのだ。❤はエロでも一杯出てそれでHP回復と経験値を得る仕様。

シーイルサーバー

これらの要素を整理してみるとつまるところ。敵への攻撃は化物達に任せ、
化物を召喚することも可能、化物達を攻撃すると主人公が回復する
ゲーム。
おそらく攻撃は化物達に任せる、というのがコンセプトで。そこに様々なシステムを
肉付けしていったら、我輩の様な勘違いが生まれる仕様になっていた、ということだろう。
もっとも勘違いしたのは我輩だけかもしれんがorz となると、主人公をけしかけた
♀博士は研究所内で謀反を起こした張本人、ということになるのだろうか。
一応言っておくと主人公の名はシーイルサーバーではなくエキシル、という。

「シーイルサーバー」体験版では

1ステージ目のボス撃破まで。召喚できる化物は1種、エリア初期配置の化物は2種。
敵女性警備員が2種。エロは敵と化物×2種、それぞれ3Pまで発展可。特定条件下で
主人公も化物にエロられる。全てアクションDEエロだ。

シーイルサーバー03
上・中・下の3ライン 緑ゲージがHP、赤丸がMP、顔横ゲージがSP

ゲームの基本の流れ 敵と化物の初期配置を見て召喚で戦力補完

本作は横スクACTだが、各ステージは数エリアに分かれおり、1つのエリアは3画面分
程の広さがある。更に奥行き要素があり所謂ベルトスクロールっぽいフィーリング。
ただそれらと異なるのは、奥行きは3ライン(上・中・下)に分かれており、主人公は
ライン間を自由に移動できるが、敵や化物はそのライン上から他のラインへは
移動できないのだ。つまり「上」ラインにいる敵はライン内で左右には移動できるが
「中」「下」のラインには入ってこれない。化物達もだ。

そんな仕様を踏まえたうえで。それぞれのエリアでは味方化物達と敵女性警備員が
固定初期配置されており、主人公がエリアに入ったと同時に戦闘が繰り広げられる。
各エリアは敵を避けて次のエリアに行くことも可能だが、敵を殲滅すると
敵全滅ボーナス」を得られる。故に各エリアで全滅を目指したいが
前述の通り主人公のZ攻撃は敵に当たらない。故に主人公の主な仕事は化物達の戦況を
見て「召喚」で戦力補強することだ。「Ethereal LegioN」の社長プレイに若干似た感覚。
敵全滅ボーナスはMP全回復、MPMAX上昇、❤沢山出現、アイテム入手等。

初期配置で仲間化物が多数存在するものの、初期配置分だけで敵全滅を狙うのは難しい。
かといって各ライン毎で適当に召喚してしまうと「下のラインで化物が余り、上の
ラインで化物が足りずMPもゼロ」という状況になりえる。まぁそうなってもエリア移動
して戻れば敵・化物は初期配置で復活、MPは後述のオナニー等でなんとかなるし
難易度は高くはない。

シーイルサーバー04
シーイルサーバー05

戦況はリアルタイム故、ひとところに構っていると他の戦況が悪くなっていく。
ハンドガンの敵は1・2体のゾンビで挟めば簡単だが、他ライン迄届く弾を放つ
ショットガンの敵は強敵で、何体かのゾンビを行列させ、更に前後を挟むのが理想。
化物が重なっていると全員ダメをもらう故、少し間隔を開けて召喚するべし。
ゾンビは耐久力は高めだが、移動が遅く攻撃速度も遅い。数で押し込んでナンボ。
敵の攻撃による主人公ダメは結構デカい故、極力当たらない様に立ち回ろう。

体験版ではソンビしか召喚できないが、製品版では全5種の化物を召喚可能。
召喚は1体毎にMPを1消費、序盤のMPは5程度と少ない故召喚は慎重に。
召喚はCキーで可能だが、C押しっぱで肉塊がダッシュ速度で前進、Cキーを離した
ところで化物を召喚する。肉塊移動中はライン移動も可能。肉塊を敵に当てれば
ある程度ダメージを与えることができ、主人公が直接敵にダメージを与えられる
唯一の方法なのだが、主人公もダメを受けてしまう。

攻略のコツとしては、敵眼前に召喚することだ。離れた場所に召喚しても
近付く前に遠距離攻撃で倒され無駄になりがち。

化物破裂によるチェイン MP回復その①

化物は倒されると破裂する。破裂でも敵にダメを与えられるのだが、その破裂に
近くの化物が巻き込まれると更に破裂、チェインが発生する。チェインで倒された
化物はMPを1回復できるアイテムを落とすのだ。密集した化物を主人公の攻撃で
チェインさせれば狙ってMP回復アイテムをゲットできる。敵に密集した化物達が
倒されてもチェインする故、MPを切らさない様に利用するべし。

シーイルサーバー02

いたるところでアクションDEエロ乱交 オナニーでMP回復その②

化物に接触した敵、または体力がゼロでダウンした敵に化物が接触すると
アクションDEエロになる。最大3Pに発展する。敵をあらかた倒すとエリアは
乱交パーリー会場と化し、大変イイモノだ。化物に犯されている敵に近づくと
セリフ吹き出しが出て、このセリフは絶頂ごとに段階的に変化する芸の細やかさ。

アクションDEエロ中は❤がイパーイ出現、ダッシュで回収しよう。近くに行けば
バキューム回収できる。またエリア内に1体でもアクションDEエロされている敵が
いれば、経験値が少しずつ上昇する。ちなみに、出現する❤をゲットすることで
主人公のHPが少しずつ回復するが、経験値も同時に増えていく。

シーイルサーバー

もう一つ、❤をゲットしていくと主人公の快感(SP)ゲージも上がってしまい、
ゲージがMAXになると画面全体がピンク色に。そうなると味方のはずの化物達が
主人公にも攻撃してくるようになり、ダウンするとアクションDEエロで犯される。
おそらく主人公からエロいフェロモンが出ている状態なんだろう。
無論こちらも3Pに発展する。敵複数と主人公が犯される状況は本作の至福の時。
使える!(何に エロから脱出する時はXキー連打。

シーイルサーバー01
左上のエキシルの表情も状況にあわせて変化

Vキー連打による「オナニー」でSPを一気にゼロにすることが可能だ。
SPがMAX時にオナニーするとMPが全回復するメリットもある故、うまく利用しよう。
ただし、オナニー時はオナニー中→絶頂→余韻タイムとある程度の硬直時間が発生、
その間に化物に接触されるとやっぱり犯されてしまう故、ご利用は安全地帯で。
あえて化物達を倒し❤でSPゲージMAX→オナニーでMP回復、という手段は大変有効。

シーイルサーバー
シーイルサーバー07

❤で得た経験値は博士の部屋(拠点)に戻ることで(ワープ可)で能力アップや
エロズーム、禁断のチート機能などを解放したりできるぞ。

体験版総合的に

当初は勘違いでイミフだったが、仕様を理解して遊んだらかなり面白く、でらエロい
作品だった。アクションDEエロのドットアニメのクオリティ、3P発展、主人公も
エロられる仕様などゲーム性もエロも大変よくできました◎レベルだ。
ゲーム性にエロをフュージョンしゲーム中もエレクトしちゃう困った作品。
緑髪スキーな我輩としては主人公エロが16回ヒットの上クリティカル。いい…

そうそう、ボス戦は1体のボスを倒すのではなく、暴走した化物(?)が3ライン上を高速
移動する中でショットガン警備員を殲滅するというもので何度かトライする難易度。
余談だが、主人公の通常移動は後ろに手を組み「ランラン♪」と鼻歌を歌っていそうな
リラックス歩行で、弾丸や精液をまき散らす戦場にはまるで似つかわしくない。
だがそれがいい(断言

<追記>
VerUPでおまけ部屋の仕様がいろいろ変更され使いやすくなった様だ。
詳しきはサークルHPを参照してくれ。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
悪の手先ヒロイン(?) 異種姦 陵辱 輪姦 乱交 ドットアニメ

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *