シェルター 体験版感想・レビュー

シェルター
アリバイ  住人管理SLG  1,000円(税抜)
【基本情報】♂主人公 その他製 バランス型 難易度:やり応えアリ
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム8 没入感8 エロス8)
【ゲーム情報】冷戦下の東ヨーロッパの国でアパートの住人を管理するお仕事です
フルマウスオペレーション メッセスキップあり セーブはいつでも
UI独創性:高 ゲーム独創性:高

住人の入れ替りが激しいアパート 彼らの生殺与奪は主人公次第

アパートの管理人となり、住人を管理・監視する独創性の高いSLG。
とある独裁政権国家の「義務監視員」として選ばれたアパートの管理人(主人公)が
国から与えられた仕事は「反乱分子の通報」。銃などの「禁制品」を所持する住人を
国に通報することでお金(ポイント)が得られる。もう一つは定期的に国が打診してくる
「人」や「アイテム」を揃えること。

その一方でアパートに住む住人を選ぶ、家賃が払えない住人を追い出す・脅迫するなどの
アパート運営業務、ヒロインとの交流・脅迫・覗きなどのエロ、留守の住人の部屋に
忍びこんで盗む・アイテムを仕込むなどの犯罪など、といった行動を
毎日限られた「AP(行動力)」の中でこなしていくゲームだ。

シェルター

「シェルター」体験版では

体験版はセーブができず、ゲームオーバーになると最初からやり直す必要がある。
トライ&エラーで遊んでいたらすっかりハマってしまい、1時間半程度遊んだ結果
15日目位まで遊んだがもっと遊べそうだった。エロはモブお姉さんのエロが2種、
覗きや撮影が1種ずつ位だったか。モブエロは1クリックで終わる。

she02

ゲームの流れ 禁制品をどう使うか

アパートの部屋は6つ、最大6人の住人を住まわせることができる。
ゲーム開始当初の住人は人妻(ヒロイン)のみ、アパート入居希望者は
アパートの外に必ず4人待機している。その中から住人を選ぶのだが、
住人候補には国籍・性別・所持品・資産などの情報があり、一旦アパート内に入って
外に出なおす毎にランダムで変化するのだ。

she01
禁制品「銃」を所持している 右アイコンから通報可

国が所持を禁止している禁制品(銃・アルコール・ラジオ)を所持する者を
住人として選んで即通報すればポイント(お金)を得られる。だがそれでは旨味が
少ない故、限界まで家賃を払わせてから通報する、女性なら家賃が払えなくなり次第
脅迫するという手もあるし、留守の間に部屋に忍び込み禁制品を奪うという手もある。
盗んだら通報できないが、他の住人の留守中部屋に忍び込んで禁制品を仕込み、
濡れ衣で通報することもできるのだ。ただ銃を持っている住人を脅迫すると…

10日毎の憲兵によるチェックで主人公が禁制品を所持していると即ゲームオーバー。
または禁制品を持たない住人を通報した場合も誤報=ゲームオーバーと、
こまめなセーブは必須。

固有ヒロインから依頼される品を渡すと信頼度が上がる故、良好な関係を続けたいなら
様々なアイテムを集める必要もある。アイテム集めは目的の品を持つ住人を住まわせ
留守中に盗めばいい。ただし犯罪行為を行うとハッピーエンドには辿りつけない様で、
その場合ランダムでアパート外に現れる黒服から買う必要がある。

やっぱり住人は女性がいいですな

家賃が払えない住人を脅迫して(女性限定)エロを強要したり、フィルムや
ビデオカメラがあればエロ撮影をしてポイントに変えたりと、女性住人は
脅迫後の選択肢が多く、一度エロすれば従順にさせることができる。
従順になった女性住人は国から打診される任務で必要だったり、黒服とエロさせて
ポイントを得られる故、家賃が払えなくても1人位は囲っておくといいかも。
もちろん6部屋全部従順な女性住人なハーレムにもできるが、
攻略的にはあまり意味がないな。気分はいいけどもw

シェルター

名前のある固有ヒロイン住人は資産が多く毎日の家賃払いはほとんど滞ることがない。
故に彼女達を「従順」にする(=エロシーンを拝見)には、留守の間に禁制品を
仕込んで脅迫する必要があるだろう。モブ女性エロもそれなりにあるが、メインは固有
ヒロイン3人を従順にしてのエロかと。ヒロインの風呂を覗いたり撮影も可能。
エロは一部はアニメするとか。信頼度を上げてイチャラブも可能な様だ。

ゲームを進めるにつれ、ルールが厳しくなっていく

日数が経過していくと「〇〇人(国籍)受け入れ不可」や禁制品追加など、
アパートに住まわせる住人条件や、通報条件が追加されていく。
前者であれば住人選びの縛りが強くなり、後者であれば通報はしやすくなるが、
うっかり主人公が所持していてゲームオーバーという機会も増える。
これを含めゲームバランスが非常によくできていて、1日の5APの使い途に
悩むのだよなぁ。ふーむ、楽しいなぁ。まぁ慣れちゃうと作業っぽくなるかもしれんが。

体験版総合的に

毎日のAP(行動力)をどう効率よく使っていけばいいのか学習する過程が楽しく、
住人の生殺与奪は主人公の掌、独裁政権の国の主人公独裁政権アパートという
舞台の雰囲気と合わせて面白い一品。オリジナリティが高く、他では
味わえない(住人にとって)理不尽がまかり通る楽しさがある。

<追記>
本作はSteamでリリースされている「Beholder」という作品のオマージュなんだとか。
確かに檄似。とはいえ本家にエロ要素はありませんからなぁ。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
悲壮感の中で局地的な独裁権力 覗き 脅迫して陵辱・AV撮影

夢子「お取扱いサイト様です」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *