ゴーストキャッスル・ガンスイーパー 体験版感想・レビュー

ゴーストキャッスル・ガンスイーパー
ティー・エンタ・ぴー  RPG  1,400円(税抜) ※ショートレビューです
【基本情報】♀主人公 ツクールMV製 バランス型 難易度:普通
【体験版評価】8.0/10点 (面白さ8 システム7 没入感9 エロス8)
【ゲーム情報】シンボルエンカウント ターン制コマンドバトル 1vs複数
逃走コマンド100% タルやタンスアイテムあり デフォルトダッシュ
メッセスキップなし セーブはいつでも 戦闘DEエロ:なし エロステ:あり
UI独創性:普通 バトル独創性:やや高い(アニメ演出がバツグン)

弾丸生成に必要な精子をいろんなエロで集めろ! アニメ演出が秀逸

民間ゴースト駆除会社「GEC」のメンツがヨーロッパのとある古城のゴースト退治を
請け負い城内を探索していくMV製RPG。シリーズとしては実に3年半ぶりの作品であり、
前作「ゾンビゾーン・ガンスイーパー」と同じ時系列での別チームの活躍を描く。

新米ではあるもののGECの中でも最強の霊能力者であるユキがゴースト駆除を担当し、
GEC社長の息子のシコルがバディを組みミッションにあたる。この設定だけでもよからぬ
雲行きを感じる(笑 城内の五芒星結界を再起動させるべく5つの宝玉を探し、それぞれ
あるべき台座に設置するのが目的なんだが、城内にはユキが「強大な霊力」と
感知するほどの強大なゴーストが潜んでいる様だ。

ゴーストキャッスル・ガンスイーパー
シリーズ過去作ではゴーストと戦うには「スペル弾」が必要で、スペル弾は実弾と精液を
素材として生成する故、敵とのエロ必須という設計だったが、本作ではそれを踏襲しつつ
バディであるシコルも精子提供者となる。

更にサークルさんの別シリーズ「女子校生肝だめし」のビビり要素を追加、ヒロインの
ユキはGEC最強霊能力者なのに超ビビりなのである!城内探索中頻繁に起こる
ポルターガイストでいちいちユキの恐怖値上昇、ゴーストとの戦闘でも被ダメを
受ける度にHP減少・恐怖値上昇。HPゼロor恐怖値100で失神敗北、敗北エロされて
得た精子も素材となる。HPダメはたいしたことはないのだが恐怖値はホイホイ上がる故、
メニューから恐怖値減少アイテムを購入して頻繁に回復が必要。

ゴーストキャッスル・ガンスイーパー

HP回復アイテムや戦闘で使うスペル弾もメニューから購入できるが、とある理由で
店の在庫数が有限(それでも各1000あるが)となってしまい、在庫を増やす
(=素材を集めて合成)ことも念頭におく。特にスペル弾は戦闘での連射でガンガン減り、
序盤はともかく素材集めは必須だろう。
素材は宝箱やタンスやクローゼット、ツボなどからも入手でき、スペル弾に必須の精液は、
前述の通り敵のエロ攻撃やドロップアイテム、シコルが定期的に発情して見ヌキオナニー
(エスカレートしていく)に協力することで入手できる。

ゴーストキャッスル・ガンスイーパー

戦闘では銃撃によるスペル弾攻撃以外にSPを消費しての「浄化」などの霊能力も使用、
敵によって使い分ける。SPは一般的なRPGのMPと同意でアイテムで回復、
そのアイテムを使うとユキはおしっこを催しトイレシーンを拝見できたり。
戦闘でのショートカットキーも利便性が高く、レベリングはある程度必要なものの
面倒なら逃げるで100%だ。

ゴーストキャッスル・ガンスイーパー

こんな感じでゲームもエロもよく出来ているが、それ以上に本作の魅力を感じたのは
戦闘でのアニメーション。攻撃モーションアニメ、敵のエロ含めた攻撃のアニメ、
弾丸のリロードアニメなど、敵味方共にアニメしまくり、且つカッコイイのである!
銃撃時にマズルフラッシュ(火を吹く)アニメがある作品などなかなかない。
敵の攻撃演出アニメも他RPGとは一味違い、アニメを盛り込んだゲームを作ってきた
サークルさんのノウハウが存分に活かされており、これほど戦闘演出に没入感を感じる
戦闘はそうそうお目にかかれないだろう。勿論エロもアニメであるし、
女子校生肝だめしのアニメ要素をそのままRPGに落とし込んだような、
集大成的なRPGになっていると感じる。攻略には関係ないが、集めたコインでガチャを
まわしてフィギュアなどをコレクションする要素もあり。

ちなみに雰囲気的にはBGM含め、若干のホラーとコメディ(と下ネタ)がミックスされた
ライトホラー。漫画で言えばGS美神ライク。MV製の重さはあまり感じないし、
ゲーム終了後に若干後を引く程度。まぁアニメを多用してこの程度ならグッジョブと
いわざるをえない。

撫子「こんな紳士におすすめかなぁ?」
軽いホラー コメディ 睡姦(失神) 輪姦 白濁 アニメあり

夢子「お取扱いサイト様です」
DMM ADULT同人ダウンロード

撫子「こんな記事も読まれています~」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *